No.5979 鳥志商店 復刻版 博多中華そば

No.5979は鳥志商店、復刻版 博多中華そば。鳥志商店は大正7年(1918年)に福岡で創業し、そうめんを製造してきて1982年にラーメンの製造に進出。1996年から現在に続く無添加健康麺を発売。i-ramen.netコレクションでも1996年のものを所有しており、最初に出会ったときは一般的な即席麺とは随分違う麺の舌触りに新鮮さとある種の懐かしさを感じたもの。

この製品は復刻版と称しているが、大昔にオリジナルがあったというわけではなさそうで「戦前の博多ラーメンは醤油味であったことから」(同社Webサイトより)付けた名前のようだ。戦前の博多ラーメンは醤油味、興味深い記述だね。Wikiあたりを漁ってみると豚骨ラーメンの発祥は終戦間際辺りで、勢力を増してくるのは終戦後のこと。豚骨ラーメンが出回る前は醤油味が主体というのは、確かにそうだったんだろうなあと納得できる。食べてみて、とにかく余計なものが一切無いようなクリアな印象。味や香りの要素は少ないが、その分何があるかが判りやすいしバランスはとれている。

スープは茹で汁を使わず別途お湯で溶く方式で製作はちょっと面倒、税込み価格270円と高価なのでラ王や正麺、サッポロ一番等と直接競合することは無いだろうが、それらとは違う世界があるのは事実である。(まあ今回は賞味期限間近のものを安く入手したんだけど)

国名 日本
ジャンル 袋ラーメン
EANコード 4 974942 350102
会社名 鳥志商店
製品名 復刻版 博多中華そば
謳い文句 樹齢四百年木樽熟成丸大豆天然醸造醤油使用 化学調味料・合成保存料無添加 国産小麦粉使用
調理方法 ゆで2〜2.5分分離調理
質量 Net117/麺80g
熱量 337kcal (1411kJ)
Na(麺具+汁) 0.5+1.6g
付属品 液体スープ
ノンフライ麺
汁なし麺 ×
偏平で細く優しい舌触り、縮れは無くそうめん風の食感、しなやかだがしぶとい粘り
汁・ソース 透明感がある、鶏ガラ主体の醤油味、余計な味がしない、醤油の酸味、ラードの力感
具・その他 味の要素は少ないがバランス良、刺激は無い、定価270円なので万人には勧めにくい
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2017/03/12
賞味期限 2017/03/19
入手方法 2017/03/09 ドン・キホーテ
税込購入価格 108 JPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です