No.6255 Knorr Noodles (Nederland) Delírio de Cogumelos

No.6255はオランダのUnilever、Knorr Noodles Delírio de Cogumelos。ポルトガルで購入した品をいただいたもので、表記もすべてポルトガル語。ユニリーバはオランダと英国に本拠地があるのだが、EANコードがオランダのもの(冒頭部が87)なので同国の製品として分類した。ただ今回の品もそうなのだがEU圏内の製品は生産国を明記しないケースが多いので、実際にどこで作られたものなのかは不明。

Delírio de Cogumelosの意味をGoogle先生に問うてみるとMushroom Delirium、錯乱マッシュルーム・・・ひょっとして毒キノコのことだろうか?

まあ毒キノコのなかにはベニテングダケのように美味しいものもあるそうで(勿論食べたことはないが)、中毒性のある美味しさ、ってな意味なのかもしれん。

しっかし普通食べ物の製品名に「錯乱(せん妄)」なんて単語を使うかねえ?スペルミスじゃなさそうだし、ポーランドの慣用句や諺かとも思って調べてみたけど結局何も引っ掛からなかった。ちょっとモヤモヤした気持ちが残ってしまったよ。

このシリーズは他にもヘンな名前の製品があり、例えばTentação de GalinhaなんてのはChicken Temptation、鶏の誘惑という意味だそうな(これは後日試食します)。この辺のセンスがポーランドの洒落っ気とでもいうのかな。

食べてみて、アジア的な呪縛からは完全に解放されているというか醬油臭さが全く無く、欧州の価値観で勝手に作ったという感じのラーメン。脱脂粉乳的ミルキーさに溢れた乾燥臭いマッシュルームの匂いがするスープに、パサパサした気泡感ありまくりの麺。

でもこの組み合わせ、決して悪くない。安っぽいんだけど何とはなしに人を引き付けるような魅力がある。これに日本的な技術でもうちょい香りを引き立てたらおじさんも錯乱しちゃうかも。

国名 オランダ
ジャンル 袋ラーメン
EANコード 8 712100 745232
会社名 Unilever
製品名 Knorr Noodles Delírio de Cogumelos
謳い文句
調理方法 丼お湯入れ3〜5分
質量 Net63g
熱量 329kcal (1320kJ)
Na(麺具+汁) 〜g(食塩相当量3.5g)
付属品 丼お湯入れ3〜5分
ノンフライ麺 ×
汁なし麺 ×
細めで気泡感がありパサパサした軽い食感、日本のラーメンとは別物だが嫌じゃない
汁・ソース 薄っぺらい乳臭さと乾いたマッシュルームの香り、アジアっぽさは皆無、刺激も弱い
具・その他 パセリの香りは殆ど無い、粉末ポタージュのおまけに麺が入っている感じだが面白い
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2018/06/20
賞味期限 2018/05/31
入手方法 2018/06/08 Ueda特派員様よりいただく
税込購入価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.