No.6277 Knorr (Nederland) Noodles Tentação de Galinha

No.6277はオランダのUnilever、Knorr Noodles Tentação de Galinha。ポルトガル市場向けの製品で、訳すとChicken Temptation、鶏の誘惑、とでも言うのかな。普通にただのチキン味でいいのに、このポルトガル市場向けクノール即席麺はいつも妙に凝った言い回しをする。そういうのが好きな国民性なのかも。

この製品、念のためデータベースを調べてみたら2013年10月のNo.5186で同じ製品名の記録があった。まあ5年経つしパッケージは結構違うからまあいいかと思ったが、EANコードの国籍項がポルトガルから今回はオランダに変わっていた。もしかして昔は自国生産だったのを、輸入に切り替えたのかもしれない。

No.5186のレポートを見返すと、麺が長さ1~2cm程度の短いコマ切れ状態になっており、箸ではすくい上げにくいのでスプーンで食べていた。なお、これが製造時から麺が短かったのか、輸送時に崩れたのかは不明。対して今回の品は普通のラーメンのように麺が塊の形状を維持している。


食べてみて、常識的なチキン味。洋風コンソメっぽさの他、醤油っぽい味付けもありアジアっぽい雰囲気もある。うま味は人工的だけど、唐辛子のピリッとした刺激が結構強くて退屈な味にはなっていない。

麺は最近食べたこのシリーズと同印象。ゴワゴワした舌触りで気泡感があるスナック的な麺。改めてNo.5186のレポートと比較すると今回の中身はかなり変わっているように思える。欧州の即席麺も定期的なチェックが欠かせないなあ。

国名 オランダ
ジャンル 袋ラーメン
EANコード 8 714100 667569
会社名 Unilever
製品名 Knorr Noodles Tentação de Galinha
謳い文句
調理方法 丼お湯入れ3〜5分
質量 Net61g
熱量 315kcal (1260kJ)
Na(麺具+汁) 〜g(食塩相当量3.1g)
付属品 粉末スープ
ノンフライ麺 ×
汁なし麺 ×
細めで気泡感がありバサバサした食感、スナック菓子的だと割り切って食べるのが吉
汁・ソース 透明感が残る茶色、コンソメ風味の他に、醤油のような和風っぽさもある、結構辛い
具・その他 旨味は人工的、意外に退屈な味ではない、日本人が食べてもそう違和感は無いと思う
総合評価 ★★2
試食日 2018/07/24
賞味期限 2018/08/31
入手方法 2018/06/08 Ueda駐在員様よりいただく
税込購入価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.