No.6352 新順福食品 (Hong Kong) 寿桃 生麵皇 粗 鮑魚清鷄湯味

No.6352は香港の新順福食品、寿桃 生麵皇 粗 鮑魚清鷄湯味。英文表記ではSun Shun Fuk Foods、Sau Tao Instant Noodle King-Wide Abarone & Chicken Soup Flavour。しっかしヌードルキングか、大きく出たものだ。でも和訳すればラーメン王、どっかで聞いた名前だなあ。

この会社は袋もカップも非油炸(ノンフライ)麺のみを製造するところで、ちょっと前まではブランドネームが寿桃牌という名前だったのだが、今回見たら「牌」が消えていた。製品名中にある「粗」というのは幅広麺のことで、これに対して細い麺の場合は「幼」という表示がある。

香港の即席麺ブランドの中で今回紹介する新順福食品の寿桃は、香港日清食品、永南食品、統一食品に次ぐ第四位に付けている(私の個人的な印象です)が、上位三社は今やみな日清食品グループなので、企業という意味では第二位と思われる。まあ日清との差はあまりにも大きいのだけれど。なお、本社は香港にあるが工場は(香港ではない)中国にあるらしい。

食べる前に開封し、麺が茶色いのにびっくり。昔このシリーズを食べた時は普通の淡い黄色がかった麺だったんだけど。漂白剤を使わなくなったのかもしれない。

お湯を吸って膨潤した状態で幅が6mmほどあるワイドな麺。厚みもあって重量感がある。でもお湯入れ三分では湯戻りせずに硬い部位が結構あり食べにくい。安易に伸びたりしない麺なので四~五分待った方がいいだろう。色が茶色いから特に香ばしいという訳ではない。かん水はつかってなさそうで、日本のラーメンとは全然違うもの。

スープは透明感がありアワビ味の表現のためか?結構甘い。アワビらしい香りはあまりせず、具の乾燥海老の匂いの方が強い。うま味はやや人工的。細かな鶏肉そぼろが入った調味油が付いているのだが、全体的に脂っ気が少なく力感に欠ける。具は海老三個とキャベツとネギで物足りない。

勝手にわが道を行くような麺に対し、気弱なスープという構図。ちょっとバランスがとれていないかな。

国名 香港
ジャンル カップラーメン
EANコード 0 87303 86094 4
会社名 新順福食品
製品名 寿桃 生麵皇 粗 鮑魚清鷄湯味
謳い文句
調理方法 熱湯3〜4分
質量 Net82g
熱量 324kcal (1360kJ)
Na(麺具+汁) 〜g(食塩相当量4.43g)
付属品 粉末スープ、かやく(海老・キャベツ・ねぎ)、調味油(挽肉入り)、フォーク
ノンフライ麺
汁なし麺 ×
6mmの幅広麺は厚くて重量感大、湯戻りせず硬い部分が残る、茶色いが匂いはしない
汁・ソース 透明感があり甘め、鮑の香りは僅か、粉末っぽい旨み、辛い刺激なし、力感に欠ける
具・その他 小さい海老が三個で香りが強い、調味油に鶏肉そぼろ入り、麺とスープの調和が今一
総合評価 ★★2
試食日 2018/11/22
賞味期限 2018/12/15
入手方法 2018/07/17 Kihara特派員様よりいただく
税込購入価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.