No.6396 サンポー食品 かしわうどん

No.6396はサンポー食品、かしわうどん。2018年8月に発売された比較的最近の製品である。

私は今までかしわうどんというものに馴染みが無く、製品名からは中身がイメージできなかった。最初は柏餅からの連想で、香り付けのため柏の葉っぱがうどんの中に入っているものをイメージしたりしたが、調理例写真にはそのようなものは無い。

改めてフタを見ると小さく「※かしわとは鶏肉のことです。」と書かれておりようやく納得。なるほど九州北部のご当地グルメなんだ。サンポー食品もこの説明書きが無いと理解できない人が結構いるという認識でいるのだな、己の不明を恥じるところだったよ。

またパッケージには「博多生まれのふんわりめん」とある。これどこかで聞いたフレーズだなあ?と思って調べたらやはりサンポー食品のNo.6127肉うどんで同じ文言が使われていた。文字の装飾も一致するし、なるほど姉妹品か。

食べてみて、ふわっとした麺はNo.6127肉うどんと一緒。コシとか歯応えといった自我がなく、悪く言えばダラ~っとした、よく言えば肩肘張ってない自然体の食感。コシの強い讃岐うどん等の対極にある博多うどん風だね。最初からこういうものを目指したのだと思えば悪くない。どん兵衛や赤いきつねとは違う食感を楽しむことが出来る。

スープは昆布や鰹、トビウオのうま味が良く効いているし上品。醤油濃度は薄めで、僅かに七味唐辛子の刺激を感じるが、全体的に穏やかで尖った部分が無い。これは麺と同じキャラクター。鶏肉は繊維質で小さいが味が良く染み込んでいて、具としての存在感がある。

力で押すタイプではなくさり気なく佇むような製品であり、コシ至上主義には背を向けて我が道をスキップして行くような印象を受けた。

国名 日本
ジャンル カップうどん
EANコード 4 901773 015122
会社名 サンポー食品
製品名 かしわうどん
謳い文句 甘辛かしわ わかめ入り いりこ・北海道産昆布・焼きあごだし使用
調理方法 熱湯5分
質量 Net80/麺65g
熱量 354kcal (1482kJ)
Na(麺具+汁) 〜g(食塩相当量1.7+3.6g)
付属品 粉末スープ、かやく(鶏肉・かまぼこ・わかめ・ねぎ)
ノンフライ麺 ×
汁なし麺 ×
太めでふくよかな角断面、コシは弱いがふわっとして優しい舌触り、匂いはいま一つ
汁・ソース 魚介や昆布の旨味が強くてかつ上品、醤油濃度は薄い、七味の香りがあるが穏やか
具・その他 鶏肉は繊維質で小さいがしっかりとした味が付いており効果的、肩肘を張らない製品
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2019/01/21
賞味期限 2019/02/21
入手方法 2018/09/10 イトーヨーカ堂
税込購入価格 116 JPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.