No.6434 Lee Fah (Malaysia) Sarawak White Laksa

No.6434はマレーシアのLee Fah Mee、Sarawak White Laksa。初めて食べるブランドの製品で、会社名には漢字表記が添えられており「利華麵」と書く。しかし作り方の説明は英語とマレー語、アラビア語であり中国語は含まれていない。これらより、華僑の作った会社がムスリム向けに作った即席麺、という構図が推測できる。当然HALAL認証品。

Sarawak(サラワク)はマレーシアのボルネオ島にある州であり、会社もここにある。創立は1955年で即席麺の製造は1980年頃の開始。あまり手広く営業をしていないのか、日本で見掛けたことはもちろん私が2012年にクアラルンプールへ行った時もこのブランドの製品を見た覚えは無い。

またSarawakはサラワクラクサという料理の名前で使われることも多い。マレーシアやシンガポールで一般的な麺料理ラクサは地域によって味付けがかなり異なるのだが、鶏のダシにココナッツミルクを混ぜたスープが特徴で、マレー半島側のペナンラクサ(魚のダシ)とはかなり違うものである。

食べてみて、乳臭いスープが特徴的であるが、基本は軽快な印象の即席麺。心地よい辛さと木の実を擦り潰したような香りが南国気分にさせてくれる。

麺は表面がやや粗く粘りに欠け、素っ気ない舌触り。あまり構ってくれるな、と言われているようでもある。でもこれが情緒過多なスープとは対照的であり、バランスがとれている。

スープはむしろおせっかいというか八方美人的に愛想がいい。舌触りはココナッツミルクのせいでマイルド、辛い刺激は爽快、香りは華やかでうま味も適切。日本人にも好感を持って迎えられるであろう味だ。いろんな具を入れても受け容れてくれるだろう。

国名 マレーシア
ジャンル 袋ラーメン
EANコード 9 556256 012461
会社名 Lee Fah Mee
製品名 Sarawak White Laksa
謳い文句
調理方法 ゆで2〜3分
質量 Net90g
熱量 409kcal (1712kJ)
Na 1.841g
付属品 粉末スープ、粉末クリーマー
ノンフライ麺 ×
汁なし麺 ×
細い角断面で縮れは弱い、表面はやや荒れていて粘りは弱い、ドライで素っ気ない
汁・ソース ココナッツミルクの乳臭さ、爽快な辛さ、木の実を摺り潰したような香りが心地良い
具・その他 立体感がある味、適度な旨味、具を入れても負けない、日本人にも好まれそうな製品
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2019/03/10
賞味期限 2019/10/09
入手方法 2018/09/21 ono特派員様よりいただく
税込購入価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.