No.6747 セコマ カニだし塩ラーメン

No.6747はセコマ、カニだし塩ラーメン。製造はエースコックの東京工場(埼玉県川越市)。現在はもう終売になっている様子。

セイコーマートは北海道と茨城・埼玉にしか店舗が無く、今回の品は神奈川県にあるデパートの北海道物産展で売られていたものを税抜151円で購入したもの。ちなみにセイコーマートの店舗で買うと税抜110円らしい。そう遠くない場所で作っているのになあ。

▲左は山わさびそば、右はカニだしラーメン(今回)

同じセコマのたて型カップでも、No.6712で紹介した山わさびおろし風そばは千葉のカナヤ食品の製造。この二つ、カップの造りは全く同一に見えるんだけど、細かいことを言えば底面への印字書体が違うかな。

食べてみて、軽い気持ちで食べられる。言い方を変えると重厚さとか本格的といったものとは無縁である。カニの香りも全然リアルではないが、下手に出しゃばることもなく、あくまで「風味」として割り切れば文句は無い。この路線で味噌味があってもいいんじゃないかと思った。

麺は細めの角断面。縦型カップとしては縮れが弱く、サラッとしてベトつかない舌触り。だがちょっと柔らかめで、しっかりしたコシとか歯応えは無い。しっかり食べるというよりは、スルスル流し込むような麺である。

スープは濁り感がある淡い色。塩分とうま味が強くて、辛い刺激はない。カニのダシや香りは「ほ~らこれがカニの匂いだぞ~、参ったか、ありがたいと思え!」と声高に主張することはなく、等身大の普段着感覚であり嫌味が無い。適切なバランス感覚だと思う。調味油は微力ながらも全体をしっとりと馴染ませる効果があるようだ。

具はブヨブヨした食感の大豆蛋白質、細いカニカマ、ふわっと卵で彩りは良いけれどもさほど有難味を感じない。でもネギの香りだけは全体の印象に良い影響を与えていた。上の方にも書いたけれども、これの味噌味バージョンが出たら買ってもいいな、税抜110円なら。

国名 日本
ジャンル カップラーメン
EANコード 4 985908 848649
会社名 セコマ
製品名 カニだし塩ラーメン (製造はエースコック)
謳い文句 決め手はカニの旨味だし
調理方法 熱湯3分
質量 Net57/麺50g
熱量 254kcal (1063kJ)
Na(麺具+汁) ~g(食塩相当量1.2+2.5g)
付属品 調味油。粉末スープ、かやく(大豆加工品・卵・ねぎ・かに風かまぼこ)は混込済
ノンフライ麺 ×
湯切り 不要
細めの角断面、縮れが弱くサラッとした舌触り、柔らかめでコシとか歯応えは控えめ
汁・ソース 濁り感がある淡い色、塩分とうま味は強く辛い刺激は無い、カニの風味は節度がある
具・その他 ブヨブヨした大豆蛋白質や細いカニカマは今ひとつ、ネギが効果的、味噌味が欲しい
総合評価 ★★☆2.5
試食日 2020/07/15
賞味期限 2020/06/11
入手方法 2020/03/11 さいか屋北海道物産展
税込購入価格 163 JPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.