No.7206 ツバサ きりたんぽラーメン 秋田チャンポン味

No.7206は秋田県のツバサ、きりたんぽラーメン 秋田チャンポン味。製造はクックランド。具にレトルトのきりたんぽが付いた冒険的なラーメンで、姉妹品に比内地鶏醤油味・秋田辛味噌味が存在する。ツバサ及びクックランドの秋田県コンビはNo.7192のハチ公ラーメンでも取り扱ったばかり。しっかし、チャンポンが秋田にもあるなんて全然知らなかったよ。味噌味ベースのものが主流らしい。

スペック上できりたんぽは重さ17gのものが四個、計68gもある。これはご飯の塊であり、きりたんぽだけでも結構腹持ちしそう。普通のラーメンの一食分よりもかなりボリュームがある製品だと覚悟して臨む必要がありそうだ。

食べてみて、他にない楽しい製品。そして麺+きりたんぽで炭水化物づくしの製品だなあと再認識した。このためかスープは結構塩辛い味付けになっており、食べ始めに麺だけを食していた際は違和感を持った。だがその後にきりたんぽを口に含みだすと塩分過多感は薄まる。

なのできりたんぽをどう食べるかで印象が大きく変わりそうだ。先に麺を食べ切って、その後きりたんぽを崩し雑炊のようにして食べるか、麺を食べる合間に具として食べるか(まあ具としては味がしないのだけど)。ベストな食べ方を見付けるのには多少の試行錯誤を要しそう。

秋田チャンポンのスープは塩辛いだけでなく基本がしっかりしている印象。海鮮のリアルな生臭さが感じられるのが好き嫌いを分けそうだが、個人的には好ましいと思う。ちなみに味噌味ベースではなかった。

麺は2mm角の正方断面で、密度が高くみっちりと詰まった印象。それでいてしなやかさも備わっている。小麦粉の香りは程々で、存在を主張する麺ではないが、強い味のスープや個性的なきりたんぽをしっかりと支えている。

スープは濁り感がある淡い茶色で、とても強い味。だが大容量で低濃縮の液体スープなので人工的な感じはしない。海鮮の香りは臨場感があり、良い意味で魚介類のの生臭さを感じる。鶏や豚のうま味もしっかり出ている。ただ塩分がかなり強い。辛い刺激はない。

きりたんぽは四切れ入っており、お米としてもお茶碗半杯分ぐらいの量があるので、これだけでも十分にお腹が膨れる。歯応えは結構硬めで、海鮮味スープとの相性も悪くない。きりたんぽに合わせるためかスープがかなり塩辛いので、お湯の量を増やすか、野菜をたくさん入れたいところである。

国名 日本
ジャンル 箱ラーメン
EANコード 4 582438 058854
会社名 ツバサ
製品名 きりたんぽラーメン 秋田チャンポン味 (製造はクックランド)
謳い文句 海鮮と比内地鶏スープ 肉厚きりたんぽと角太中華麺
調理方法 ゆで4〜5分
質量 Net193/麺80g(きりたんぽ17gx4)
熱量 544.6kcal (2280kJ)
Na(麺具+汁) ~g(食塩相当量7.3g)
付属品 液体スープ、きりたんぽ
ノンフライ麺
湯切り 不要
2mmの正方断面、密度が高くしなやかさも備わる、小麦の香りは程々、存在感も弱い
汁・ソース 濁った茶色で強い味、海鮮の生臭さを感じる、畜肉の香り、塩分強し、辛い刺激なし
具・その他 きりたんぽは硬めで量が多い、面白いが具として食べるか崩して雑炊風にするか迷う
総合評価 ★★★3
試食日 2023/01/11
賞味期限 2023/01/26
入手方法 2022/12/15 Kazue特派員よりいただく
税込購入価格 594 JPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.