カテゴリー別アーカイブ: 110大黒食品工業

No.7143 大黒食品工業 大黒 冷したぬきそば

No.7143は大黒食品工業、大黒 冷したぬきそば。姉妹品として冷し中華(No.7133で紹介済)、冷しうどん(19年前に紹介)がある。今回の冷しそばは6年前のNo.5861で試食記をアップしており外観も当時と変わらず、買ったけれども改めて試食記を書く必要は無いと思っていた。しかし新旧をよ~く観察したら大きな差異に気が付いた!

▲2016年版の大黒冷したぬきそば
今回の品と何が違うでしょうか?

なんと!パッケージ下部にあった赤い垂れ幕「七味唐辛子付」が今回の品では消えている!これは一大事!

当時の試食記を見返すと、エスビー食品謹製の七味唐辛子が製造ミスのためか二個入っており辛さ倍増!それが今回はゼロ。これでは牙を失った獣の如しで、新たに試食記を書かなくちゃ。

続きを読む No.7143 大黒食品工業 大黒 冷したぬきそば

No.7133 大黒食品工業 大黒 冷し中華 醤油だれ

No.7133は大黒食品工業、大黒 冷し中華 醤油だれ。姉妹品として冷したぬきそば・同うどんがあり近日試食予定。また冷やし中華にはごまだれも存在する(した/過去形かも?)らしいが、これはまだ遭遇しておらず未試食。

▲カップ冷し中華の先駆け、大黒冷し中華(製造年不詳。
JANコードや警告表示が無いので1980年近辺か?)

カップ冷し中華は大黒食品工業が古くから製品を出し続けている先駆者だが、後に追従するものがおらず、またあったとしても短期間で撤退してしまい、事実上孤立無援と言える状態であった。しかし昨年ニュータッチ凄麺の冷し中華が登場し、やっと仲間が出来たところ。

最初に食べた時は悪い意味でビックリしたものだが、長年の改良によって飛躍的に質感が向上している。諦めずにしつこく続ける姿勢は素晴らしい。

続きを読む No.7133 大黒食品工業 大黒 冷し中華 醤油だれ

No.7123 大黒 醤油ヌードル

▲丸いフタとカップで印刷の向きがピッタリ一致!美しい。
(こういうのに元製品設計者は歓喜の涙を流す)

No.7123は大黒食品工業、大黒 醤油ヌードル。税抜希望小売価格は184円なのだが、市中では税込100円以下の場合も多い。

製品紹介のため様々な写真を撮影するのだが、本製品の正面やや上方からの写真を撮る時に驚いた!円形のカップとフタで印刷の向きがピタリと合っているではないか!今まで見た中で日清のカップヌードル一族はフタとカップの位置が精緻に合わせ込んであり()、フタを熱融着する直前のカップに回転角補正工程が入っていることが窺われるが、まさか大黒の廉価版カップ麺も同じ処理をしているのか!?

私はこの一見無駄に思えることこそが、日清カップヌードルが業界の先駆者であり王者の矜持・証であると常々考えている。なお角形カップの位置合わせは比較的簡単。

▲海鮮しおヌードルは向きが合っていなかった・・・

だが同時購入した姉妹品の海鮮しおヌードルを確認したら、見事に角度がズレていた。たまたま合っていただけなのね。(しょぼ〜ん)

続きを読む No.7123 大黒 醤油ヌードル

No.7113 大黒食品工業 DAIKOKU 濃厚カレーラーメン 大盛り

No.7113は大黒食品工業、DAIKOKU 濃厚カレーラーメン 大盛り。同社ラインアップ中の「バラエティシリーズ」に属する製品であり、他に酸辣湯麺(No.7093で紹介)と麻婆麺(未入手)がある。

フタとカップに「No Curry, No Life!!!!!」と大見得を切っているが、同社でカレー味の製品は他にマイフレンドビックのカレーうどんのみであり、このセリフが会社の総意と見做すにはちと弱い。あくまで本製品固有のメッセージだと理解しよう。同じくフタにある「Can’t Stop!」という言葉も(あんたが言うセリフじゃないだろ!)こそばゆいというか、妙な気持ちの先走り感が見て取れて微笑ましい。まあマイナー製品はこうでなけりゃ!

続きを読む No.7113 大黒食品工業 DAIKOKU 濃厚カレーラーメン 大盛り

No.7103 大黒食品工業 マイフレンドビック たぬきうどん

No.7103は大黒食品工業、マイフレンドビック たぬきうどん。18年ぶり(No.2961以来)の紹介となる。定番商品に関しては、試食記を掲載するのが10年以上空いたら再試食を行い、現状把握を行うべしという鉄の掟(そんなに大それたものではないが)を課して自らを律している。今回のレポートを以て、マイフレンドビックは現行12種類の全てをこの10年以内に食べたことになる!めでたい。

▲昔のマイフレンドビック たぬきうどん(2004年)
この頃からのり天が入っている

▲マイフレンドの先兵、東京チャーシュー麺

大黒にマイフレンドというサブブランドが登場したのは1986年の「東京チャーシュー麺しょうゆ味」が最初で、結構な歴史があるのだ。このときはまだ「ビック」とは名乗っていないものの、既に1.5倍の大盛りであった。

メーカー資料による。状況証拠からみて私には少し腑に落ちない部分があるのだが。

続きを読む No.7103 大黒食品工業 マイフレンドビック たぬきうどん

No.7093 大黒食品工業 DAIKOKU 酸辣湯麺 大盛り

No.7093は大黒食品工業、DAIKOKU 酸辣湯麺 大盛り。これは同社のバラエティシリーズ(全三種)に属する製品で、ウチでは今回初めて取扱うもの。自分の生活圏では滅多に売っていないからなあ。とはいえ、カップの形状や麺の量(85g)は同社のビックシリーズと同一なので、わざわざ別シリーズにしなくてもよいのでは?と思う。

フタの製品名の下に細かな漢字が並んでいる。「大碗的拉麺上放上滑潤鬆軟的鶏蛋、美味至極。辣辣酸酸的湯味、絶配至極。」Google翻訳によると「ラーメンの大鉢になめらかでふわふわの卵をのせて、とっても美味しいです。 辛くて酸っぱいスープの味は完璧です。」「鬆」なんて字は初めて見るよ。

続きを読む No.7093 大黒食品工業 DAIKOKU 酸辣湯麺 大盛り

No.7083 大黒食品工業 マイフレンドビック ねぎ塩とんこつらーめん

No.7083は大黒食品工業、マイフレンドビック ねぎ塩とんこつらーめん。今回試食した品を買ったのは今年の2月だが、その直後に印刷デザインが刷新されている。だが原材料名(順序を含む)や栄養成分の表示は全く同一であり、中身は据え置きのスキンチェンジだろうと思われる。同社のサイトをくまなく探索していくと、まだ旧デザインの写真も複数出てくるし。

▲昔のビック ねぎしおとんこつ(2008年)

そしてウチにとっては2008年以来となる久々の試食。この時の品の栄養成分表示は今回のものと違っており、この14年間で少しは中身も変わっているのだろう。

※YouTube動画中で本製品の購入価格を税込160円と表示してしまったが、実際は99円です、すみません。

続きを読む No.7083 大黒食品工業 マイフレンドビック ねぎ塩とんこつらーめん

No.7073 大黒食品工業 大黒 杵もちらーめん

No.7073は大黒食品工業、大黒 杵もちらーめん。冬季のみの季節限定商品で、越後製菓製の杵つき餅が入っている。大黒で餅入りの力うどんなら食べたことがあるが、今回のラーメン版は初めてである。

▲昔の大黒力うどん(2004年版)
餅が茶色く焦げているのは今の時代だとNGか?

上図の力うどんは18年前の2004年に食べたもの。「越後きねつきもち」と説明文が添えられているが越後製菓の社名は明示されておらず、どこで作られたものはは不明。今回の品は餅の小袋にも越後製菓の社名が記されていたが、2004年頃はまだ開封写真を撮っていなかったんだよなあ。

なお大黒ビックシリーズで使われる大柄な容器を使っているが、麺の量は普通サイズの65gで、余剰空間が妙に広い。

続きを読む No.7073 大黒食品工業 大黒 杵もちらーめん

No.6993 大黒食品工業 マイフレンド ビック スタミナらーめん

No.6993は大黒食品工業、マイフレンド ビック スタミナらーめん。この9月に投入されたばかりのホットな新製品であり、たまたま近場で入手できたこともあって緊急試食を敢行した。何しろ私にとってこのマイフレンドビックシリーズはコンプ(完全制覇)対象製品であり、今ある製品(12種類)はその全てを食べなければならないという鋼鉄の掟を己に課している。今回の試食で空白区域が埋まりヤレヤレといった気分だ。

黄色地に赤文字のパッケージは自信と誇りに満ちており「群馬の即席麺覇者はサッポロ一番でもペヤングでも加ト吉でも寿がきやでもなくこの俺、大黒様だぁ!」と高らかに凱旋歌を奏でるかのようだ。(そうでもないか?)

続きを読む No.6993 大黒食品工業 マイフレンド ビック スタミナらーめん

No.6843 大黒食品工業 ビッグやきそば ソース味

No.6843は大黒食品工業、ビッやきそば ソース味。No.6833で同社のビッ担担麺を紹介している。大黒にはマイフレンドビッ(Bic、濁点なし)シリーズがあるのに、なぜ担担麺や今回の品はビッ(Big、濁点あり)なのだろう?とず~っと悩んでいた。このビッシリーズは同社のWebサイトにも情報が載っていないし・・・

しかしある瞬間、漆黒の雲の間から一筋の光が射し込み閃いた!どちらの品もディスカウントストア「ビッ・エー(Big-A)」で購入したものだ。ちゅーことは、ビッシリーズはビッ・エー専売製品なのではないか!?この件はネットで調べても確証を得られていないので、今後も継続調査します。

続きを読む No.6843 大黒食品工業 ビッグやきそば ソース味