カテゴリー別アーカイブ: 109まるか食品 ぺヤング

No.6050 まるか食品 ペヤング シーフードヌードル

No.6050はまるか食品、ペヤング シーフードヌードル。この製品名の商品は2002年5月に一度発売されたことがあるが(同年7月にNo.2316で試食)割と短期間で消えたような覚えがある。当時はフタがPS製フィルムを立体成型したものだった。んで15年後のこの5月にフタが紙製になって再登場。

2002年当時のものと比較すると、かやくの種類が結構違うな。昔はイカや卵が入っていたのに現在のものでは省略され、逆にエビやコーンが追加されている。 続きを読む No.6050 まるか食品 ペヤング シーフードヌードル

No.6008 まるか食品 ペヤング酸辣MAXやきそば

No.6008はまるか食品、ペヤング酸辣MAXやきそば。一昨日からのにんにく・背脂に続くMAX三連チャン。前二種のパッケージは色彩を抑えた男臭いストイックな雰囲気だったのに対し、この製品は朱色と黄色の中華風でカラフル、だいぶ趣が違うな。「極限的酸味」との文言が挑戦的。

即席麺の酸っぱい焼そばというのは確かに新鮮さを感じるな。中華料理店での五目焼そばとかでは酢をドバドバ入れる人が結構いるので、それに近い味なのかなあと想像した。う~む、私は辛い食べ物は大好きだけど、酸味が強いものはあんまし得意じゃないんだよなー。 続きを読む No.6008 まるか食品 ペヤング酸辣MAXやきそば

No.6007 まるか食品 ペヤング背脂MAXやきそば

No.6007はまるか食品、ペヤング背脂MAXやきそば。昨日のにんにくに続いてMAX二連チャン。にんにくMAX以上に徹底した完全モノトーンのパッケージは渋く、灰色に見える部分はよく見ると実は銀色である。だから無造作に写真を撮るとそこに自分の肌やら衣服の色が映り込んでしまうため撮影が結構難しい。

スペックから判るのは、696kcalという高エネルギー食品であること、脂質が44.7gで総質量(130g)の1/3以上を占めること。まーかなり突出した数値であり、にんにくMAXとは別な意味で身構えて臨むことにしよう。 続きを読む No.6007 まるか食品 ペヤング背脂MAXやきそば

No.6006 まるか食品 ペヤングにんにくMAXやきそば

No.6006はまるか食品、ペヤングにんにくMAXやきそば。この製品は2015年11月に発売され、ニンニク好きの私は勿論興味深々でそのうち購入しなけりゃと思っていたが、どうも縁が薄いというか巡り合わせが悪くてそのままになっていた。で、この3月過ぎにまるか食品のWebサイトを覗いていたらにんにくMAXが姿を消しているではないか!

こりゃヤバい!慌ててネットを検索するとまだ若干の市中在庫はある模様。しかし単品販売はもう無く送料も結構掛かる。結局amazonでの3個749円+他の買い物と合わせて送料無料にして購入。チンタラしてたから高い買い物になっちゃったよ。 続きを読む No.6006 まるか食品 ペヤングにんにくMAXやきそば

No.5987 まるか食品 ペヤングソースやきそば プラス納豆

No.5987はまるか食品、ペヤングソースやきそばプラス納豆。いろいろと話題になっている製品であるが、7&i系の専売製品でありローソンやファミマへ行っても置いていないのでご注意あれ。やきそば+納豆という組み合わせは初めて見るものだが、パスタ+納豆は珍しくないので、そんなにヘンなものじゃあないのかな?

とはいえ正式な製品名には「ソース」の三文字が入っているのがちょいと気になる。ソース+納豆かあ・・・パッケージの製品名表記には「ソース」とは書かれておらず、バックの藁納豆の絵を見たら醤油味を連想してしまうよ。 続きを読む No.5987 まるか食品 ペヤングソースやきそば プラス納豆

No.5981 まるか食品 ペヤングヌードル みそ

No.5981はまるか食品、ペヤングヌードル みそ。No.5897ペヤングヌードル(商品名に記載は無いがしょうゆ味)の姉妹品。1973年6月の発売以来ペヤングヌードルといえば醤油味という印象が強いのだが、2002年頃にいくつかのバリエーションが追加された。その中でしお、シーフード、カレー味は食べているのだが、みそ味には遂に出逢うことがないまま終わってしまった・・・

と思ったら、嬉しい再販のお知らせが。最近のペヤングは派手でキワ物的な話題が多いけれど、こういうベーシックな製品もきちんと拡充しているんだ。 続きを読む No.5981 まるか食品 ペヤングヌードル みそ

No.5952 まるか食品 ペヨングヌードル 醤油味

IMG_9790

No.5952はまるか食品、ペングヌードル 醤油味。やきそばに続く廉価版ブランド「ペング」の製品。味噌味もある。色使いや中央の凸形状風印刷など、見た目はNo.5897ペングヌードルとそっくりな印象。ペングの希望小売価格(税抜)が160円なのに対してペングはオープン価格。

あれだけ話題になったングソースやきそば(No.5734)が、焼そばだけで終わってしまうとは思えなかったので、ある意味期待通りの製品。(ちなみにペングやきそばキムチ味はもう無い)。 続きを読む No.5952 まるか食品 ペヨングヌードル 醤油味

No.5945 まるか食品 ペヤング パクチーMAXやきそば

IMG_9727

No.5945はまるか食品、ペヤング パクチーMAXやきそば。数年前からパクチー(コリアンダー、香菜)がにわかに 注目されてきて、輸入物のパクチー入り即席麺(例えばベトナムのNo.5547)がヒットしたり、国内でもエースコックが積極的にパクチー入りを謳う製品(No.5644など)を出すなど、今や十分に市民権を獲得したといってよいだろう。

「今だ、機は熟した!」そう言ってまるか食品(群馬県)の最高司令官は北にそびえる赤城山へ向かって力強く人差し指を振り立てた。かどうかは知らないが、わかめMAX作戦に続くのはパクチーMAXかあ、私がこんなことできるといいなと思ったモノが丁度出てきたという感じ。 続きを読む No.5945 まるか食品 ペヤング パクチーMAXやきそば

No.5931 まるか食品 ペヤング わかめMAXラーメン味噌

img_9603

No.5931はまるか食品、ペヤング わかめMAXラーメン味噌。i-ramen.netでは動画作成の都合上試食から本Blogへのアップまで一週間程度のタイムラグがあり、今回の製品からが2017年の試食となる。(箸の色が水色に変わっている)

さて、売り場でこの製品を手にした瞬間、フタにさりげなく「ノンフライ麺使用」と記載されているのを発見し、全身がフリーズして固まってしまった(おんなじ意味か)。ペヤング史上初のノンフライ麺製品だと思われる。 続きを読む No.5931 まるか食品 ペヤング わかめMAXラーメン味噌

No.5907 まるか食品 ペヤング わかめMAXやきそば

img_9221

No.5907はまるか食品、ペヤング わかめMAXやきそば。ペヤングが製品名にMAXを付けるのだから惜しみなく豪快に盛ってくるに違いない。まあ最近のカップ麺はエースコックのEDGE・MEGA何たらとか日清の謎肉祭など過剰さで突出した特徴を持たせるのが一つの流れでもあるようだ。

その中でも香辛料をドバドバ注ぎ込むものと具をたんまりと入れるものに分かれ、今回のは後者の方。わかめが大量というのはある程度想像ができるし、また健康を害さないというかむしろ体に良さそうなので女性にも受け入れやすそう。 続きを読む No.5907 まるか食品 ペヤング わかめMAXやきそば