カテゴリー別アーカイブ: 101日清食品

No.5980 日清のどん兵衛 カルボナーラうどん

No.5980は日清食品、日清のどん兵衛 カルボナーラうどん。鳥獣劇画風のイラストが印象的な「創作系うどん」の第二弾(第一弾の明太子クリームうどんは未試食)。

日本の即席麺シェアNo.1の日清食品における鉄壁看板ブランドであるどん兵衛なのに、定番製品に留まらず実験的な製品をバンバン出すところに攻めの姿勢を感じるなあ。でもこれは大手ならではの余裕というよりは、近未来に対する危機感の現れのようにも思えてしまう。潜在需要の調査も兼ねているのかな? 続きを読む No.5980 日清のどん兵衛 カルボナーラうどん

No.5975 日清食品 妖怪ウオッチ しょうゆラーメン

No.5975は日清食品、妖怪ウオッチ しょうゆラーメン。類似の日清製品として2016年8月のNo.5832で「アンパンマンらーめん しょうゆ味」を紹介しており、今回の品はこれとパッケージの形状が同一のようだし醤油味というのも共通する。なのでどうせ味オンチのガキ共に喰・・・成長著しいお子様方達に召し上がっていただくのだから違いは外装のイラストとナルトの絵柄だけで、それ以外の中身は共通化されているのではないかと予想した。(全然「だから」になってないな) 続きを読む No.5975 日清食品 妖怪ウオッチ しょうゆラーメン

No.5970 日清食品 日清ソース焼そば

No.5970は日清食品、日清ソース焼そば。賞味期限切れまであとひと月強しかない品が税抜57円と激安だったのを発見して衝動的に購入。

日清食品の定番焼そば製品はカップの「U.F.O.」シリーズと、袋とカップの「日清焼そば」シリーズがある。今回の日清ソース焼そばは赤橙白ベースのデザインや「焼そば」の字体からして明らかに日清焼そば系の一員に見えるのだが、Webサイトを見ると日清焼そばシリーズには入れもらえず「その他の製品」扱いになっている。ただ「ソース」を名乗っただけなのに・・・なんだか不憫に思えてきたよ。 続きを読む No.5970 日清食品 日清ソース焼そば

No.5962 日清食品 日清御膳 天ぷらそば

(トップページが重たいので、YouTube動画へのリンクは文末に置くよう変更しました)

No.5962は日清食品、日清御膳 天ぷらそば。同社の和風麺ではどん兵衛シリーズの廉価版みたいな位置付けで、カップヌードルに対するスープヌードルみたいなものかな。日清御膳シリーズは2009年3月の発売だが、i-ramen.netでの試食は今回が初めてになる。フタの上半分を見ると、水平垂直の線で構成された背景のデザインは色使いこそ違うけどどん兵衛との関連性を想起させる。一方どん兵衛が出荷地域によって味を作り分けているのに対し、日清御膳はそれ全国一律の味付けである。 続きを読む No.5962 日清食品 日清御膳 天ぷらそば

No.5955 日清食品 スープヌードル

IMG_9866

No.5955は日清食品、スープヌードル。2006年3月に発売開始された廉価版カップヌードルで、姉妹品としてシーフードとカレーがある。カップヌードルと容器の形状は同一のようだし、色使いやデザインも関連性を強く匂わせるもの。ぼんやりした人が売り場で文字を読まずに間違えて製品をカゴに入れたりしないか心配になる。

まあ結論を先に言ってしまうと両者で味の違いはそう大きくないので、間違えて買っても殆どの場合たいして実害はないだろうと思うけど。 続きを読む No.5955 日清食品 スープヌードル

No.5940 日清食品 日清麺職人 みそ

IMG_9711

No.5940は日清食品、日清麺職人 みそ。日清食品には「職人」の他にかつては「(麺の)達人」が同居していて、序列を付けるならばやっぱ職人よりも達人の方が偉いのだ。それは製品の価格を見ても明らかなこと。しかしある日元来生タイプ麺で少々ジャンル違いだった王様(ラ王)がノンフライ乾麺に転換し競合することになる。この噂を聞いた達人は、王様にはとても敵わないやと言って約16年続いた歴史を捨て、2012年8月に自ら退いてしまった(カップ版)。 続きを読む No.5940 日清食品 日清麺職人 みそ

No.5932 日清食品 行列のできる店のラーメン 特濃担々麺

IMG_9614

No.5932は日清食品、行列のできる店のラーメン 特濃担々麺。「行列の~」は高級志向の即席麺として20年の歴史がある。とはいっても1996年9月に出たのはチルド麺。i-ramen.netで初めてこのブランドを扱ったのは2000年1月(No.1512)のことだからカップ版が出たのはたぶん1999年末頃かな。一時期は袋の乾麺も併売されていたがいつしか消え、現在カップ版も二種類だけ。あくまでチルド麺を主とするブランドである。 続きを読む No.5932 日清食品 行列のできる店のラーメン 特濃担々麺

No.5918 日清ラ王Premium 海老濃厚白味噌豚骨

img_9369

No.5918は日清食品、日清ラ王Premium 海老濃厚白味噌豚骨。ひとつ前のNo.5917マルちゃん正麺スープの極み同様、市場に定着した高級カップ麺のさらにもう1ランク上を目指す製品。税抜希望小売価格が290円もするので美味くなければ文句が来るだろう。

フタを開けると小袋が五つも登場する。どうだ、これが高額製品だ!と誇らしげに見せ付けるようでもあるが、作るのが面倒そうだなあ、というネガティブな感情も沸いてしまうよ。先入れはチャーシューだけなので残り四つをちったあ統合できんのかな? 続きを読む No.5918 日清ラ王Premium 海老濃厚白味噌豚骨

No.5912 日清のどん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん

img_9237

No.5912は日清食品、日清のどん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん。酸辣湯は中華料理由来であり中華麺とセットになる事例が多いのだが、今回のどん兵衛はうどんと組み合わせてきた。このパターンは初めて食べるのだけど、うどんはどんなスープにも大抵うまく合ってくれるので酸辣湯との相性もきっと良いに違いない。 続きを読む No.5912 日清のどん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん

No.5906 日清食品 カップヌードル リッチ 無臭にんにく卵黄牛テールスープ味

img_9216

No.5906は日清食品、カップヌードル リッチ 無臭にんにく卵黄牛テールスープ味。スッポン(No.5758)フカヒレ(No.5808)に続くシリーズ第三作。なるほどウシで来たか、もっとレアな食材が出てくると思っていたけど。

前二作はコラーゲン1000mg配合!を売りにしていたが今回はその流れをアッサリ却下、「贅沢」というキーワードも消えた。代わりに無臭にんにく卵黄ペーストが付いている。いろんな食材ネタを探している製品企画の人はさぞ大変だろうなあ。 続きを読む No.5906 日清食品 カップヌードル リッチ 無臭にんにく卵黄牛テールスープ味