カテゴリー別アーカイブ: 112寿がきや食品

No.6960 寿がきや食品 全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン 冷たい醤油味

No.6960は寿がきや食品、全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン 冷たい醤油味。製造は加ト吉水産。前回の凄麺冷し中華に続く、麺を冷水に晒して作る方式のカップ麺。この二者の違いは凄麺が冷えた麺に濃縮スープを絡めて食べるのに対し、今回の品は濃縮スープを冷水で溶いて、これに浸して食べることにある。つまりもう一手間余計にかかってしまうことになる。(この製品も既に製造は終了している様子)

静岡県藤枝市ではお茶に関わる人達が早朝の仕事を終えてからラーメンを食べる風習があり、通常の暖かいラーメンの他に冷したものも広く親しまれている。今回の製品は藤枝朝ラー文化軒究会の公認であり、過去にNo.6235でミナミ製で同名の袋めんを紹介している。

続きを読む No.6960 寿がきや食品 全国麺めぐり 藤枝朝ラーメン 冷たい醤油味

No.6940 寿がきや食品 カップみそ煮込うどん

No.6940は寿がきや食品、カップみそ煮込うどん。製造は同じ愛知県の山本製粉。同社の袋版みそ煮込みうどんは定期的に食べているのだが、カップ版を食するのは15年ぶりである。

▲2006年に食べたカップみそ煮込みうどん

袋版の発売は1966年9月、カップ版は1992年9月と、どちらも名古屋の人々から長きに渡って愛されている製品だといえよう。袋版ならば私の生活圏(南関東)でもちょっと探せば容易に見付けることが可能だが、カップ版の入手には運の良さかあちこちを捜しまわることが必要だ。

続きを読む No.6940 寿がきや食品 カップみそ煮込うどん

No.6930 寿がきや食品 全国麺めぐり 富山ブラックラーメン

No.6930は寿がきや食品、全国麺めぐり 富山ブラックラーメン。製造は加ト吉水産。

▲2009年版。外観は大して変わっていない
製品名が暗いのは撮影が下手だったから

寿がきや食品が富山ブラックのカップ麺を出したのが2009年で(このときはまだ「全国麺めぐり」というサブタイトルは無かった)、即席麺業界でもかなり早い方だった。それ以降も継続的に販売を行ない、富山ブラックの認知度を上げるための一翼を担っているといえよう。寿がきや版が出てすぐに私にとっての初富山ブラック経験をしたところ、スープの色と味にえらくビックリしたものだった。その体験以来12年ぶりの試食となる。

競合は短期で終売になるか揚げ麺で購買層が違うものが多いのだが、凄麺の富山ブラックは値段を含めてガチの対決になりそう。

続きを読む No.6930 寿がきや食品 全国麺めぐり 富山ブラックラーメン

No.6910 寿がきや食品 カップ台湾ラーメン

No.6910は寿がきや食品、カップ台湾ラーメン。昔からある製品で、ウチの記録では2000年に食べたものが一番古い。ひとつ前のNo.6909でヤマダイニュータッチ凄麺の台湾ラーメンを紹介しているのだが、この二者の価格や内容を見比べると、直接の競合をするものではないなと感じた。今回の寿がきやの方が庶民的。

最近食品表示法が制定され、製品には販売者だけでなく製造者も記載(トレースできれば略号で可)する必要が生じたため、従来隠されていた提携関係が露呈するようになる。今回の品の製造者は同じ愛知県の山本製粉であることが記されており、私は今までこの二社の関係を知らなかったためちょっとびっくりしたよ。

続きを読む No.6910 寿がきや食品 カップ台湾ラーメン

No.6513 寿がきや食品 カップ 岐阜タンメン

No.6513は寿がきや食品、カップ 岐阜タンメン。寿がきや食品はこの岐阜タンメンにかなり入れ込んでいるようで、今回のカップ版の他に袋版、汁無しカップ、チルド麺、鍋つゆ、旨塩炒めの素といった関連製品をゾロっと揃えている。しかし恥ずかしながら今まで私はこの岐阜タンメンを食べた経験が無いどころか存在すら知らなかった。なので先入観や予備知識ゼロで試食に臨むこととしよう。

カップの側面に「製造所:加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場」と記されていた。ということはテーブルマークやペヤングのノンフライカップ麺と同じところで作られる訳で、みんな兄弟みたいなものなんだな。

続きを読む No.6513 寿がきや食品 カップ 岐阜タンメン

No.6214 寿がきや食品 全国麺めぐり 富山白えびラーメン

No.6214は寿がきや食品、全国麺めぐり 富山白えびラーメン。2015年4月の登場で、その少し前の2014年12月に登場した袋版をNo.5636で試食している。寿がきや食品は白えびに先駆けて、富山ブラックラーメンがブームとなりだした早い時期から袋とカップで持っており、それまであまり陽の光を浴びることがなかった北陸のラーメンをメジャーな場へ導いた立役者の一人だと云えよう。

YouTube動画のナレーションでは「しろえび」と喋ったし、実際地元の人もそう呼ぶそうなのだが、学術的には「しらえび」といい、しろえびは別な種のことを指すらしい(Wikiより

続きを読む No.6214 寿がきや食品 全国麺めぐり 富山白えびラーメン

No.6169 寿がきや食品 全国麺めぐり 小田原タンタン麺

No.6169は寿がきや食品、全国麺めぐり 小田原タンタン麺。私は一応神奈川県民なのだが、小田原で坦々麺というのは聞いたことも食べたことも無かったので、この製品を眼にしたときは無知さに同じ県民としてちょっと恥ずかしさを覚えたものだった。

とはいえ、調べてみると今回の製品のモデルでもある「四川」という店が始めて、数軒のフォロワーが居るという程度のようで、一大ムーブメントを巻き起こしている、という程ではないみたい。この先、勝浦タンタンメンぐらいのメジャーな存在になれるのであろうか?(勝浦もカップ麺でしか食べたことがないけど)

続きを読む No.6169 寿がきや食品 全国麺めぐり 小田原タンタン麺

No.6052 寿がきや食品 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン

No.6052は寿がきや食品、銀座香味徳(かみとく)監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン。全国に数多くのご当地ラーメンがある中で、山陰地方のものって今まで全然聞いたことが無かった。戦後の昭和20~30年頃に誕生したみたいだが、全国的に有名になったのはこの十年程度のことらしい。

日本で牛肉味(牛骨を含む)の即席麺はなかなか根付かず、定番となって継続的に販売されているものはほぼ皆無と言い切っていいだろう。私が把握しているのはマルタイの佐賀牛塩ラーメン(袋、No.5538で試食)ぐらいだ。今回の製品は実在店とのタイアップであり、一定の期間販売したら消えてしまいそうだなあ。 続きを読む No.6052 寿がきや食品 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン

No.5995 寿がきや食品 カップ本店の味 メンマしょうゆ

No.5995は寿がきや食品、カップ本店の味 メンマしょうゆ。袋版本店の味は1970年8月に誕生し、最近では2016年10月にNo.5884で試食した。一方でこのカップ版は1987年、昭和末期の生まれ。

フタのデザインが何だか昭和っぽくて垢抜けないなあ?と暫く眺めていてその訳が判った!左下に鎮座ましますJASマークが妙に目立つんだ。背景も調理例写真を遮断して白いし。今日日JASマークがある製品は大抵側面配置にしたり地色を周囲と揃えて目立たないようひっそり配置するから、この製品のように店頭陳列時に良く見える地代の高い場所に堂々と置くのは珍しい。JASマークが品質の証として重要だった頃の名残かな。 続きを読む No.5995 寿がきや食品 カップ本店の味 メンマしょうゆ

No.5927 寿がきや食品 カップSugakiya担々麺

img_9534

No.5927は寿がきや食品、カップSugakiya担々麺。実在店舗の「スガキヤ」が誕生してから70周年記念の製品。できたのは戦後間もなくのことなんだなあ。

ちなみに店舗のSugakiyaは寿がきやではなくスガキヤ(が主、複数の店舗名がある)、会社名もスガキコシステムズであり別組織である。でもマスコットキャラクターのスーちゃんは掛け持ち出演。 続きを読む No.5927 寿がきや食品 カップSugakiya担々麺