カテゴリー別アーカイブ: 103東洋水産 マルちゃん

No.6102 東洋水産 マルちゃん 紺のきつねそば 東向け

No.6102は東洋水産、マルちゃん 紺のきつねそば 東向け。2002年10月の発売で丁度15歳、赤いきつねや緑のたぬきはそれぞれ1978、1980年登場なのでそれらよりも随分と時間を空けての登場である。

i-ramen.netでは2002年の発売当初にNo.2435で試食をしており、パッケージを持っているが、現在のパッケージと比べて紺色の使用面積が狭く、「紺」という名前を生かし切れていなかったように思えた。現在は「きつね」文字が紺色地の白抜き文字で、赤いきつねファミリーらしいデザインになっている。

続きを読む No.6102 東洋水産 マルちゃん 紺のきつねそば 東向け

No.6098 東洋水産 マルちゃん 麺ダイニング ワンタン麺 醤油味

No.6098は東洋水産、マルちゃん 麺ダイニング ワンタン麺 醤油味。この8月に発売されたもので、オープンプライスだから安売り用の品揃えだな。姉妹品として担担麺とちゃんぽんがある一方で、一般的なバリエーションであるような味噌や塩は用意されていない。またワンタンが入っているのは今回の醤油味だけ。パッケージの文中で麺とめん、ダイニングとDiningが混在しておりちょっと取っ散らかっている印象を受けた。

今回は税込95円で購入しており確かに安値圏で売られているようだが、普通の醤油味で特売の弾なのに待ち時間が長めの5分という仕様は奇異に感じる。何故一般的な3分に収めないんだろう?

続きを読む No.6098 東洋水産 マルちゃん 麺ダイニング ワンタン麺 醤油味

No.6088 東洋水産 Maruchan QTTA Tonkotsuラーメン

No.6088は東洋水産、Maruchan QTTA Tonkotsuラーメン。No.5990 Sho-yuラーメンの姉妹品。

前回(No.6087)のBlogで、販路が限定された製品やプライベートブランド製品は肩の力が抜けているような出来だと書いたが、このQTTAはその対極で、日清カップヌードルの牙城を切り崩すというギラギラした野望が強く感じられる(個人の感想です)。複雑な形状や構造でコストが掛かっていそうなカップ、「マルちゃん」を敢えてアルファベットで表記していることなど、東洋水産社内で数多くの反対意見と闘い、承認や決済を勝ち取って発売に漕ぎつけたんだろうな~と思うだよ。 続きを読む No.6088 東洋水産 Maruchan QTTA Tonkotsuラーメン

No.6074 東洋水産 マルちゃん 赤いきつね焼うどん

No.6074は東洋水産、マルちゃん 赤いきつね焼うどん。去年もほぼ同じ製品が短期間出ていたのだが、店舗で見かける時は決まって荷物を増やしたくない時ばかりで、縁が無かったのか食べる機会に恵まれなかった。No.6069で紹介したエースコックのいか焼そば味ラーメンなどもそうだけど、汁ありと汁無しの製品を入れ替えるクロスオーバ即席麺というのは製品企画上安定した需要が見込めるのかな。

結論を先に書くと、汁無しの焼うどんになっても(汁ありの)赤いきつねうどんと麺の食感や味香りの方向性はほぼ同一である。この点では良く出来ていると思う。しかし・・・ 続きを読む No.6074 東洋水産 マルちゃん 赤いきつね焼うどん

No.6040 東洋水産 マルちゃん 味の逸品 ワンタン麺 ピリ辛味噌

No.6040は東洋水産、マルちゃん 味の逸品 ワンタン麺 ピリ辛味噌。味の逸品はオープン価格の庶民的シリーズで、マルちゃんのカップ麺では他にごつ盛り・和庵・ホットヌードル・うまいつゆシリーズなどがこのオープン価格のカテゴリに属する。

マルちゃんのワンタン入りカップ麺では他に激めんシリーズもあるのだが東日本限定であり、対してこの味の逸品シリーズは全国区でもうちょい穏やかな、激しくない製品群なのだろう。 続きを読む No.6040 東洋水産 マルちゃん 味の逸品 ワンタン麺 ピリ辛味噌

No.6030 東洋水産 くらしモア マルちゃんヌードルしょうゆ

No.6030は東洋水産、くらしモア マルちゃんヌードルしょうゆ。くらしモアは日本流通産業のプライベートブランドで、日本流通産業は中堅規模のスーパーやドラッグストア等の集合体。生活圏によっては全く接触の機会が無い人も多いだろう。

くらしモアブランドの即席麺は日清食品と東洋水産に生産委託をしているようで、どちらも安心の大企業だから生産者名も目立つように表示してある。しかしマア、何とも色気の無いパッケージだねえ。ナショナルブランド品を侵食しないように敢えて地味にしているんだろうけど、かえってこういうワケありのデザインにマニア魂は惹かれてしまうのだ。 続きを読む No.6030 東洋水産 くらしモア マルちゃんヌードルしょうゆ

No.6018 東洋水産 マルちゃん 和庵 天ぷらそば

No.6018は東洋水産、マルちゃん 和庵(なごみあん) 天ぷらそば。2008年9月に登場した同社緑のたぬき天そばの貧民向いやお買い得バージョンで、日清のどん兵衛に対する日清御膳(No.5962で試食)と同じような関係。オープン価格であり、昨日の明星旨だし屋も価格的にライバルとなる。

正面も側面も緑色の部分が多いが、マルちゃんがやるんだったら緑のたぬきの精神を直接受け継ぐものとして正当性を主張できよう。一方でフタの表面が緑のたぬきはツヤツヤした光沢があるのに対し、和庵は艶無しのざらざらした材質を使うことで上下関係を冷徹に示している。 続きを読む No.6018 東洋水産 マルちゃん 和庵 天ぷらそば

No.5990 東洋水産 MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン

No.5990は東洋水産、MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン。3月27日に発売されたホヤホヤの新製品。i-ramen.netは慢性的に即席麺の過剰在庫を抱えているので新製品の紹介はいつも遅延気味、速報性に欠けるのがウチの弱点なのだが、今回この製品を店頭で手にした瞬間東洋水産の並々ならぬ意気込みを感じたので、試食スケジュールを組み替えて一刻も早くこの場で紹介することにした。

マルちゃんではなくMARUCHAN、新形状のカップ。この二点だけでも現状をなんとか変えなくちゃ、日清のカップヌードルに匹敵するブランドを築かなくちゃという危機感や覚悟が伝わってくる。 続きを読む No.5990 東洋水産 MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン

No.5976 マルちゃん 正麺 うま辛担担麺 赤

No.5976は東洋水産、マルちゃん 正麺 うま辛担担麺 赤。いつもながら正麺のパッケージは光沢金色の面積が多くて写真を撮るのが難しい。

今回の品と同時に「ごま辛担担麺 黒」という製品も発売されており、東洋水産も色シリーズが好きだなあ、と思いながら情報収集のためWebサイトを覗いてみたところ、そこにはビックリの「※「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺」と中身は同様となります。」という告知があった。(ちなみに黒い方は純粋な新製品のようだ) 続きを読む No.5976 マルちゃん 正麺 うま辛担担麺 赤

No.5965 マルちゃん ワンタンラーメン 担担味

 

(トップベージが重たいので、YouTube動画へのリンクは文末に置くよう変更しました。でもまだ全体的に重たいなあ)

No.5965は東洋水産、マルちゃん ワンタンラーメン 担担味。東洋水産は昔からワンタンに力をいれており、1971年に肉入りワンタン二個が麺の間に挟まった「リャンタンメン」を、翌1972年には麺無しの「トレーワンタン」を、1973年にはカップの「ホットワンタンを発売。その後も継続的にワンタン製品を出し続けている。

今回の品は「ワンタン」の字体からして現行ミニワンタンシリーズの仲間かと思われた。しかし容器の形状はホットワンタンに近い縦型カップだし、調べてみると7&i系専売製品らしい。ちょっと深い事情がありそうな製品だな。 続きを読む No.5965 マルちゃん ワンタンラーメン 担担味