カテゴリー別アーカイブ: 106ヤマダイ ニュータッチ

No.5936 ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 15周年記念ねぎみその逸品

IMG_9609

No.5936はヤマダイ、ニュータッチ 凄麺 15周年記念ねぎみその逸品。凄麺が登場したのは2001年10月のことであり、幸いi-ramen.netでは出た当時の製品資料を所有している。sugomen実は凄麺の出る何年も前から「生粋麺」というノンフライ麺シリーズが細々と存在しており(袋版もあった)、食べた印象は凄麺とそれほど大きな違いは無かったと記憶する。kissuimen1これがネーミングを変えたことで一躍ヒット商品になり、ヤマダイを茨城の田舎即席麺メーカーからプレミアムブランドへと変貌させたのだった(ちょっとオーバーか)。 続きを読む No.5936 ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 15周年記念ねぎみその逸品

No.5853 ヤマダイ ニュータッチ 野菜盛り ねぎ醤油ラーメン

img_7958

No.5853はヤマダイ、ニュータッチ 野菜盛り ねぎ醤油ラーメン。税抜希望小売価格は140円で、ヤマダイのボトムレンジを担う製品。

しっかしこの「野菜盛り」というネーミングは上手いというかズルイなあ。たぶんこの名前を見た人の殆どは勝手に「野菜盛り」とか「野菜盛り」と脳内変換してしまうのではないか。まあ盛るという言葉からはある程度の量があると想像してしまうのはしょうがない。 続きを読む No.5853 ヤマダイ ニュータッチ 野菜盛り ねぎ醤油ラーメン

No.5836 ヤマダイ 手緒里庵 鴨汁そば

IMG_8178

No.5836はヤマダイ、手緒里庵 鴨汁そば。手緒里庵シリーズの製品を食べるのはかなり久しぶり。・・・ありゃ?何かが足りない?

東洋水産ならマルちゃん、サンヨー食品ならサッポロ一番、徳島製粉なら金ちゃん、まるか食品はぺヤング、横山製麺工場なら八ちゃん、、、等のブランド名は全ての製品に漏れなく付いてくるものであり、このヤマダイならニュータッチという名前が必ず入っていると思い込んでいた。なのに今回の製品にはニュータッチの名がどこにも記されていないではないか!これでいいのか!? 続きを読む No.5836 ヤマダイ 手緒里庵 鴨汁そば

No.5802 ヤマダイ ニュータッチ 懐かしのカレーうどん

IMG_7645

No.5802はヤマダイ、ニュータッチ 懐かしのカレーうどん。パッケージにはセピア色のうどん屋店舗の写真が載っており、傍に「(昭和50年頃をイメージしました)」とのコメントが添えられている。年齢によって感じ方は異なるだろうが、自分の感覚だと昭和50年、1975年にもなればもうセピア色ではなくフルカラーのイメージなんだけどなあ。 続きを読む No.5802 ヤマダイ ニュータッチ 懐かしのカレーうどん