カテゴリー別アーカイブ: 50海外のカップ麺

No.6834 Cung Đình (Vietnam) Lẩu Tôm Chua Cay

No.6834はベトナムのAsia Food Technology、Cung Đình Lẩu Tôm Chua Cay。Cung Đìnhは王国(Kingdom)という意味のブランド名で酸辣海老味。ウチではこの会社の製品を扱うのはこ今回が二度目。

ベトナムは中小の即席麺製造会社が乱立しており、ここもあまり大きな企業ではないようだ。今回の品は日本で買ったものだが、他にもっと有名なベトナムの即席麺はいくらでもあるだろうに、よくここに眼を付けたなあと感心する。一方で同国にはよく似た名前のAsia Foodsという即席麺製造会社が存在し、Gấu Đỏという中堅クラスのブランドを擁しており紛らわしいい。

続きを読む No.6834 Cung Đình (Vietnam) Lẩu Tôm Chua Cay

No.6818 KOKA (Singapore) The Original Chicken Flavour (Cup)

No.6818はシンガポールのTat Hui Foods、KOKA The Original Chicken Flavour Cup。今回はThe Originalシリーズの縦型カップ版で、他にPacket(袋麺)とBowl(どんぶり型カップ)が存在する。

▲KOKAのチキン味製品群
(Tat Hui Foods社サイトより抜粋編集)

別系統のSignatureシリーズにも同様に三種類のチキン味があり、更にSilkシリーズやDelightシリーズにもチキン味が。そして派生種としてチキンコーンやチキンアバロン味なんてのもある。チキン味だけを見てもこの会社の製品構成は複雑すぎるよ。コロナが十分に収束したら、半年程度掛けてKOKAの即席麺を本気で掘り下げてみたいなあ。

続きを読む No.6818 KOKA (Singapore) The Original Chicken Flavour (Cup)

No.6808 KOKA (Singapore) The Original Tomato Flavour

No.6808はシンガポールのTat Hui Foods、KOKA The Original Tomato Flavour。The Originalというのはシリーズ名で、他にSignatureやらDelightとかSilk等の幅広いバリエーションを持つ。

なにしろこのOriginalだけでも袋とカップで25種類もあるので、KOKAの全製品制覇なんてシンガポールに数ヶ月間定住しないと実現できないだろう。この会社は新陳代謝が結構盛んで、製品の入れ替えを頻繁に行っているようだからなおのこと大変。

続きを読む No.6808 KOKA (Singapore) The Original Tomato Flavour

No.6806 Mr.Noodles (Bangladesh) Chicken Flavour (Cup)

No.6806はバングラデシュのPran Argo、Mr.Noodles Chicken Flavour (Cup)。No.6796で姉妹品のCurry味を紹介している。

バングラデシュの即席麺産業は1994年にCocola社が棒状乾燥麺を発売したのを皮切りに2000年頃からNestlé Bangladesh社がMaggiブランドで即席麺に参入、2003年頃にCocola社も揚げ麺タイプを発売。その後タイや台湾の会社も進出して、今回のPran社は2011年にこの業界に入ってきた。

▲バングラデシュの即席麺達

同国の即席麺総需要は年3.7億食(2019年)と日本の1/15程度だが、急激に増加()しているので将来が楽しみでもある。(数値はJICA、WINAの資料を参照した)

バングラデシュの即席麺市場は2009〜2019年の間で9.5倍に伸長している

続きを読む No.6806 Mr.Noodles (Bangladesh) Chicken Flavour (Cup)

No.6796 Mr.Noodles (Bangladesh) Curry Flavour (Cup)

No.6796はバングラデシュのPran Argo、Mr.Noodles Curry Flavour (Cup)。Mr.Noodlesというブランドは今までに何度か紹介してきたが実体が掴みにくい。製品の顔ともいえるロゴが複数あり、原産国や製造元の表記が無いものもある。

▲Mr.Noodlesロゴの書体がみんな違う
さらに違う種類の存在も複数確認済

今回の品はNo.6009の袋麺と同じ原産国・企業でありパッケージデザインの様式も同じだが、カップ麺のNo.6485は容器の構造や中身が異なり、原産国や生産企業の表示は無い(カナダの輸入代理店表示はある)。

Mr.Noodlesのブランドをどこかの企業が持ち、他の複数の企業が使用権を買って独自に即席麺の製造・販売をしているのかもしれないな。

続きを読む No.6796 Mr.Noodles (Bangladesh) Curry Flavour (Cup)

No.6788 Suimin Origins (Australia) Premium Noodle Bowl, Beef Massaman Flavour

No.6788はオーストラリアのSuimin Foods、Suimin Origins Premium Noodle Bowl, Beef Massaman Flavour。製造はタイとの記述があるが、どの企業によるものかは不明。

今までウチではSuimin(および実質的に同じ企業のFantastic)の即席麺を約十種類試食してきたが、全て普及価格帯に属する簡素な製品で、言っちゃ悪いが安かろう悪かろうの代物であった。しかし!今回の品はついにスイミンのプレミアム!豪州に高級即席麺の需要があるのかと意外な驚きがあった。ちなみに兄弟会社のFantasticには高級系列が無く、両ブランドの上下関係が伺える。

続きを読む No.6788 Suimin Origins (Australia) Premium Noodle Bowl, Beef Massaman Flavour

No.6773 Stahlberg (Sweden) Super Gluten Free Noodle Cup Beef Flavour

No.6773はスウェーデンのStahlberg Gourmet Selection、Super Gluten Free Noodle Cup Beef Flavour。米粉麺のフォーで牛肉風味。原産国はベトナムと記されているが、カップ形状の特長からみてThiên Hương Food社(Vị Hương / 味香麵ブランド)による製造であると断定する。

写真が無く文字だらけのパッケージデザインはお洒落で都会的に感じられる。まあ欧州向けの即席麺は多言語への対応を行うためどうしても文字だらけになりがちなのだが、今回の品はこの辺をうまく対処していると感じた。

続きを読む No.6773 Stahlberg (Sweden) Super Gluten Free Noodle Cup Beef Flavour

No.6769 Lidl (Germany) Kania Yatá Fideos Sabor Pollo

No.6769はドイツのLidl、Kania Yatá Fideos Sabor Pollo。チキン味。Kaniaはドイツに本社を構え欧州中に店舗を持つ小売店Lidlのスペイン向けプライベートブランド。No.6756等でKaniaブランドの袋麺を紹介しており、中国製(たぶん杭州绿家食品)である旨報告したが、今回の品はRepública Checa、チェコ製であることの表示があった。確かに雰囲気が全然違う。

Lidlぐらい大きな組織になると、地域別にプライベートブランドをいくつも持っているようだ。Lidlでしか販売されない製品なので、バーコードも汎用の13桁EANではなく、独自の8桁プライベートコードとなっている。

続きを読む No.6769 Lidl (Germany) Kania Yatá Fideos Sabor Pollo

No.6759 Yoodles Foods (Australia) Brown Rice Noodles Beef Flavour

No.6759はオーストラリアのYoodles Foods、Brown Rice Noodles Beef Flavour。牛肉スープの米粉麺で、Brown Riceは玄米のこと。WebサイトにはAvailable at Woolworthsとあるので、豪・NZの大手スーパーであるWoolworths専売品なのだろう。事実購入したのもたまたま入った豪BrisbaneのWoolworthsである。

過去同社の製品はNo.6741でミーゴレンを紹介しており、この時と同様に今回の品も生産はシンガポール。様々な状況証拠からみてKOKAブランドのTat Hui Foods社製だろうと推測する。

続きを読む No.6759 Yoodles Foods (Australia) Brown Rice Noodles Beef Flavour

No.6753 Suimin Noodles (Australia) Mi Goreng

No.6753はオーストラリアのSuimin、Suimin Noodles Mi Goreng。豪州の即席麺市場は見た感じでMaggi、Fantastic、そしてこのSuiminの三ブランドが混沌と競い合っているように見える。とはいってもFantasticとSuiminは製品の色使いや構造などが酷似しており、EANコードの業者項も同じなので、大元は一緒のようだ。

今回の品はタイ製であり、オーストラリアの会社がタイの工場でインドネシアの国民食を作るという構図になる。Suimin(やFantastic)の製品には地元オーストラリア製の物もあり、何らかの基準によって作り分けている筈であるが、まだその法則性は解明できていない。

続きを読む No.6753 Suimin Noodles (Australia) Mi Goreng