カテゴリー別アーカイブ: 510China

No.6232 今麦郎面品 (China) 老爸厨房 一菜一面 青椒肉丝浇头面

 

No.6232は中国の今麦郎面品、老爸厨房 一菜一面 青椒肉丝浇头面。お父さんの台所、チンジャオローストッピング麺てな感じの意味かな。今麦郎面品という会社の概要についてはNo.6208刀削宽面 红烧牛肉味の記事を参照されたし。この一菜一面シリーズの姉妹品、番茄鸡蛋浇头面をNo.5755で紹介している。

カップの側面には誇らしく「真空冷冻技术」と書かれており、フリーズドライ技術を駆使している自信が滲み出ている。日本のカップ麺ならフリーズドライなんてカップヌードルの時から普通にあるじゃん、と思うのだがこの老爸厨房シリーズは具だけではなくスープを含む、麺以外のすべてを固めてしまったのが特徴的。こんなカップ麺は日本じゃまだ無いよな?

続きを読む No.6232 今麦郎面品 (China) 老爸厨房 一菜一面 青椒肉丝浇头面

No.6208 今麦郎面品 (China) 刀削宽面 红烧牛肉味

No.6208は中国の今麦郎面品、刀削宽面 红烧牛肉味。日清食品が2004年より今麦郎へ対して資本参加していたが、2015年に提携を解消してもう知らないよ~ん、という他人の関係になってしまった。

そもそも日清食品は中国に於いて広東と上海にそれぞれ別会社を建て、あと香港の永南食品と合同で中国展開をしている。従来の今麦郎は比較的安めの製品で、康師傅の福満多(安売りブランド)あたりと競合する立ち位置であったが、日清全体が高級品へシフトする流れの中で今麦郎は要らない子になってしまったのだろう。

しかし今回試食の刀削宽面は結構上級志向だと思われ、日清と袂を分かったことを契機に今麦郎も高級路線を採り始めたように見える。この辺の攻防には今後も眼が離せない。

続きを読む No.6208 今麦郎面品 (China) 刀削宽面 红烧牛肉味

No.6166 四川光友薯业 (China) 紅油面皮

No.6166は中国の四川光友薯业(薯业≒お芋の仕事)、紅油面皮。英語表記だとSichuan Guangyou Sweet Potato and Food Products、Hot Dumpling Pastryとなる。英中併記だから輸出を前提としたパッケージだな。辛い油に餃子の皮みたいな麺、みたいな意味だろうか?

四川光友の製品は今まで春雨やビーフンばかり取り上げてきたので、今回が初めてジャガイモの粉で麺を作った製品の紹介になる。しかしこれ、パッケージの写真をみるとなにやら怪しいというかおどろおどろしい雰囲気を感じてしまうよ。はたしてナイーブな日本人が食べられる代物なんだろうか?

続きを読む No.6166 四川光友薯业 (China) 紅油面皮

No.6113 天津頂益食品 (China) 康師傅 黑胡椒牛排面

No.6113は中国の天津頂益食品、康師傅 黑胡椒牛排面。天津頂益食品は製造者で、販売は康師傅控股による。康師傅ブランドの即席麺は天津頂益以外の製造者が19社も存在しており、現在ウチのサイトでは原則的に販売者を表示しているのだが康師傅の場合は過去のデータの蓄積もあって製造者表示のままにしている。

今回の製品は2016年の発売で、姉妹品に白胡椒肉骨面というのもあって”Premium noodles / innovative products”というセグメントに属する(康師傅控股の資料より)らしい。伝統的な紅焼牛肉面等とは異なる路線だね。

続きを読む No.6113 天津頂益食品 (China) 康師傅 黑胡椒牛排面

No.6099 中粮五谷道場食品 (China) 番茄牛腩面

No.6099は中国の中粮五谷道場食品、番茄牛腩面。この会社の英文表記はCofcoという何かの頭文字を並べたものになる。

中国市場におけるノンフライ即席麺の先駆けで、最近になってやっと競合大手が追従してきた状況であり、日本における今は亡きカネボウ食品みたいな位置付け。もっとも数年前までは麺もスープもこなれておらず即席麺としての完成度はあまり高くないと思っていた。

しかし中国でも健康志向の人は少なからず存在し、業績はグングン伸びていた・・・んだけど、国営企業ゆえのずさんな経営で近年急降下、即席麺事業を切売りすることになった。こんなところもちょっとカネボウに似ている。(カネボウは国営じゃないけど)

続きを読む No.6099 中粮五谷道場食品 (China) 番茄牛腩面

No.6075 天津頂益食品 (China) 康师傅 匠汤肥牛面 酸辣味

No.6075は中国の天津頂益食品、康师傅 匠汤肥牛面 酸辣味。写真だと大きさの見当が付きにくいが、縦型カップとしてはやや大柄な製品。中国の即席麺ではしばしば製品名に「肥」という字を使うものを見掛ける。

中年日本人の感覚としては「肥」という字を見るとどうしても即座に「肥溜め」とか「糞尿」を連想するから製品の名称に用いることはまずあり得ないだろう。でも本来「天高く馬肥ゆる秋」とか「肥沃な大地」など動物や農作物が太ったり富んだりする良い意味を表すものだから食べ物の名前としては適しているんだけどね。今後「肥溜め」にリアリティを持たない人が大多数になると状況は変わってくるのかも。 続きを読む No.6075 天津頂益食品 (China) 康师傅 匠汤肥牛面 酸辣味

No.6066 天津頂益食品 (China) 康师傅 爱鲜大餐 私房牛肉面

No.6066は中国の天津頂益食品、康師傅 愛鮮大餐 私房牛肉面。中国は日本の7倍程度の市場規模があり、その中で約50%のシェアを持つ康師傅は文句なしに世界一の即席麺ブランドだといえよう。天津頂益食品は製造者で販売は康師傅控股による。

康師傅といえば赤いカップの紅焼牛肉面が定番商品で、かつてこれを北京の駅や飛行場でみんなズルズルと食べている姿を見て感銘というかショックを受けたもの。大盛りなのに辛くて塩辛くて強い味だから一食食べるとどっと疲れてしまうような味だった。

しかし今回の品はノンフライで化学調味料不使用、従来品を完全否定するようなもの。康センセ、気でも狂ったか? 続きを読む No.6066 天津頂益食品 (China) 康师傅 爱鲜大餐 私房牛肉面

No.5799 四川光友 (China) 紫薯粉丝 乌鸡山珍味(杯装)

IMG_7557

No.5799は中国の四川光友、紫薯粉丝 乌鸡山珍味(杯装)。英語で書くとSichuan Guangyou、Purple Sweet Potato Instant Noodle, Dark Chicken & Fungus Flavor (Cup)となる。四川光友(昔は四川白家という名だった)は春雨専門のメーカで、日本でも新大久保とか中華街などの中国食材店で製品を入手できた(最近行っていないから現在どうなのかは不明)。この製品は紫芋の澱粉を使った紫色の麺が特徴的。 続きを読む No.5799 四川光友 (China) 紫薯粉丝 乌鸡山珍味(杯装)

No.5755 今麦郎食品 (China) 老爸厨房“一菜一面” 番茄鸡蛋浇头面

IMG_7005

No.5755は中国の今麦郎食品(Jinmailang Foods)、老爸厨房“一菜一面” 番茄鸡蛋浇头面。日本語だと「お父さんの台所『おかず』、トマトと卵のトッピング麺」、といったところかな。今麦郎食品は中国の即席麺市場でNo.3を争うぐらいのシェアを持つ。長いこと日清食品HDの傘下にあり、比較的大衆的な価格帯の製品を担ってきた。しかし昨秋に日清との提携を解消して、それぞれ独自の道を歩むことになる。 続きを読む No.5755 今麦郎食品 (China) 老爸厨房“一菜一面” 番茄鸡蛋浇头面

No.5724 四川白家食品 (China) 阿宽 四川铺盖面 牛肉火锅味

IMG_6577

No.5724は中国の四川白家食品、阿宽 四川铺盖面 牛肉火锅味。シンガポールの薄暗く雑然とした万屋のようなところで購入したもの。最初に見掛けた時はシンガポールに来てまでわざわざ中国の大柄なカップ麺なんて買わなくてもいいやと思ったが、パッケージの参考調理写真を見た瞬間に眼が釘付け。ななななんだこの異様な幅広麺は!? 続きを読む No.5724 四川白家食品 (China) 阿宽 四川铺盖面 牛肉火锅味