カテゴリー別アーカイブ: 60海外の袋麺

No.6774 杭州绿家食品 (China) Ever Roka IVegetable Flavour

No.6774は中国の杭州绿家食品、Ever Roka Instant Noodles Vegetable Flavour。中国製といってもパッケージには細かな字で六か国語が併記されており(中国語とか漢字は一切出てこない)、欧州や中東・アフリカへの輸出を前提とした製品のようだ。

現在はHangzhou Green Home Food(英文の会社名)やEver Rokaと言われても知名度はあまり高くないように思われるが、低価格を武器としてジワジワと世界に進出・浸透してゆき、気が付いたら即席麺の普及が遅れた欧州やアフリカの人々の胃袋が中国企業にワシ掴みにされて支配されてしまうのでは、なんて想像をしてしまうよ。

続きを読む No.6774 杭州绿家食品 (China) Ever Roka IVegetable Flavour

No.6772 Virtuosso (Latvia) Chicken Flavour

No.6772はラトビアのRimi Baltic、Virtuosso Chicken Flavour。バルト三国の小売チェーンRimi Balticにおけるプライベートブランド品。少し前に姉妹品をNo.6752(BBQ)と6762(Beef)で紹介しており、リトアニアにあるKauno Grudai社の即席麺と造りがソックリ、でも麺の量は少ないことを報告した。

まああのへんの地域は即席麺の需要が多いようにはとても思えず(即席麺世界総需要の上位52傑にバルト三国の名は載っていない)、どこかの一企業がさまざまなブランドの製品をまとめて生産していると考えても全然不思議ではない。

続きを読む No.6772 Virtuosso (Latvia) Chicken Flavour

No.6771 Trident (Australia) Premium Instant Singapore Soft Noodles

No.6771はオーストラリアのTrident Foods、Premium Instant Singapore Soft Noodles。湯切りが必要な汁なし麺。Trident Foods社はニュージーランドでも事業を展開しており、即席麺に関しては販売代理店という立場。本製品はManassen Foodsという会社がタイの会社に製造委託をしたものらしい。いろいろな国や会社が絡んでいて、ああ複雑だ。

シンガポールにはソフトヌードルスという有名な食べ物が存在するのか?と調べてみたが、検索には本製品しか引っかからなかったので、同社が創作した料理名らしい。

続きを読む No.6771 Trident (Australia) Premium Instant Singapore Soft Noodles

No.6770 Rollton (Ukraine) Instant Noodles Chicken Flavour Large Portion

No.6770はウクライナのMareven Food、Rollton Instant Noodles Chicken Flavour Large Portion。Mareven Foodはロシアが発祥の会社で、今は日清食品グループ傘下にあるが、製品自体に日清食品の影響は見いだせない。

ウチでは最近ロシア版Rollton(Роллтон)を三回試食し、またウクライナ版のビーフ味をNo.6760で報告した。ロシア版の試食に於いて、本来丼お湯入れ方式で作るところを間違って鍋で茹でて作ったら俄然美味しく出来た経験があり、ウクライナ版に関しても前回丼お湯入れで作っているので今回は敢えて鍋で茹でて作ることにした。

続きを読む No.6770 Rollton (Ukraine) Instant Noodles Chicken Flavour Large Portion

No.6768 Sopa Maruchan (USA) Sabor a Camaron Picante

No.6768は米国のMaruchan Inc.、Sopa Maruchan Sabor a Camaron Picante。米国向けとは異なるスペイン語表記のメキシコ等中米市場向けパッケージ。辛い海老味である。

▲辛い海老味(右端)の北米版(上)はライム風味付きしか無い

中米市場向けSopa Maruchanの殆どは北米市場向けMaruchan Ramenにも対になる味が揃えてあるのだが、今回のCamaron Picanteだけは相当する北米版の品が(現在)存在しない。北米版にあるのはLime Chili Shrimp Flavorだけであり、これは柑橘系の酸味を伴うもの。酸っぱいのは嫌だけど辛いのが欲しい、という人は中米版にしか選択肢が存在しないのだ。

続きを読む No.6768 Sopa Maruchan (USA) Sabor a Camaron Picante

No.6766 Nissin Foods (Thailand) Leng Sabb Flavour Bag Type

No.6766はタイの日清食品、Leng Sabb Flavour Bag Type。タイ語表記はนิสชิน (=Nissin) รสเล้งแซ่บであり、英文による味の説明はSpicy Green Chili Flavourとなる。パッケージの絵や写真を見ると青唐辛子と柑橘系の刺激があるポーク味ということらしい。

タイ日清のスタンダートシリーズに属する製品で、袋版で他の味はカップ版でも販売しているのだが、このLeng Sabb味はカップ版には無く袋版のみに存在する。二年前にバンコックへ行った時は遭遇できず、今回の品はオーストラリアで見つけたもの。ネット上の情報も少なく、入手性にやや難があるのかもしれない。

続きを読む No.6766 Nissin Foods (Thailand) Leng Sabb Flavour Bag Type

No.6765 Indomie (Turkey) Tavuk Çeşnili Hazir Noodle

No.6765はトルコのAdkoturk、Indomie Tavuk Çeşnili Hazir Noodle。チキン味である。インドネシアIndofood社は国際的に有力な即席麺ブランド「Indomie」を世界中の会社(主にイスラム圏)にライセンス供与することにより世界中にIndomieが溢れる状況になっており、私が見た印象では日清食品のカップヌードルや韓国農心の辛ラーメン以上の勢力を持っている。最近ウチでもエジプトやモロッコのIndomieを採り上げて、元祖インドネシア製を含め結構内容に差があることをレポートした。

今回紹介するトルコのIndomieは、Adkoturkという会社が2010年から製造を開始したものである。

続きを読む No.6765 Indomie (Turkey) Tavuk Çeşnili Hazir Noodle

No.6764 杭州绿家食品 (China) Ever Roka Curry Flavour

No.6764は中国の杭州绿家食品、Ever Roka Instant Noodles Curry Flavour。モロッコのスーパーAcimaで購入したもので、五種類の味を一個ずつ集めた五個パック製品で14.5 MAD(約165円、一個当たり33円)だった。杭州绿家食品の英文社名はHangzhou Green Home Foodで、世界中で販売される即席麺を大量に委託製造する、影の即席麺キングである。

▲スープの小袋が同じ図柄(言語は異なる)

一つ前(No.6763)で紹介したドイツのLidl Kaniaも多分この会社の製造によるもので、どちらもカレー味であることから粉末スープの小袋の図柄が同一である。建物はタージ・マハルかな?こんなのを発見すると、とても嬉しい。

続きを読む No.6764 杭州绿家食品 (China) Ever Roka Curry Flavour

No.6763 Lidl (Germany) Kania Pasta Oriental Noodles Sabor a Curry

No.6763はドイツのLidl、Kania Pasta Oriental Noodles Sabor a Curry。Lidlはドイツが発祥で欧州全体に店舗を持つスーパー網。スペインで購入したものでスペイン語表記。Lidlの中でも地域によってプライベートブランドを使い分けているようで、Kaniaはスペイン辺り限定の品。とはいえブランド名とパッケージの印刷以外はみな同じようで、総質量108gとちょっと大盛り。大元は中国の杭州绿家食品。

> すみません、この先一か月程度は本Blogの更新が不定期かつ頻度が低くなります。よろしくお願いいたします <

続きを読む No.6763 Lidl (Germany) Kania Pasta Oriental Noodles Sabor a Curry

No.6762 Virtuosso (Latvia) Beef Flavour

No.6762はラトビアのRimi Baltic、Virtuosso Beef Flavour。Rimi Balticはバルト三国に展開するスーパーのチェーンで、Virtuossoはそのプライベートブランド。姉妹品のBacon FlavourをNo.6752で紹介している。どうやら中身はリトアニアのKauno Grudai社の製品と同じっぽい。

Virtuossoはそもそもイタリア語で幅広い分野での「達人」の意味であり、特に楽器演奏の達人という意味で他言語圏へ伝搬されたらしい。なのでVirtuossoで検索すると音楽・楽器関係のサイトがたくさん引っ掛かるものの、肝心の即席麺に関してはさっぱり情報が出てこなかった。

続きを読む No.6762 Virtuosso (Latvia) Beef Flavour