カテゴリー別アーカイブ: 60海外の袋麺

No.6280 Knorr (Nederland) Asia Snack Curry Taste Noodle

No.6280はオランダのUnilever、Knorr Asia Snack Curry Taste Noodles。へ?前回のNo.6279Knorr Asia Noodles Carilと何が違うの?と思われるかもしれないが、前回のがポルトガル市場向けだったのに対し今回はスカンジナビア向けという違いがありEANコードも別物。対応言語はデンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの四か国である。

 

とはいえ食欲を誘わない写真と色使いはそのまま踏襲。唯一最大の違いはポルトガル向けが丼お湯入れの待ち時間指定が3~5分なのに今回のスカンジナビア向けは4分固定であること。

栄養成分などは同一だし、中身は一緒だと思うんだけどね。

続きを読む No.6280 Knorr (Nederland) Asia Snack Curry Taste Noodle

No.6279 Knorr (Nederland) Asia Noodles Caril

No.6279はオランダのUnilever、Knorr Asia Noodles Caril。ポルトガル市場向けの製品でCarilはカレーのこと。

パッケージには調理例写真がプリントされているのだが、見事に麺とスープだけで丼の外を含めてネギ等の薬味すら写っていない。これを見ても全然食欲は喚起されず、むしろ売れ行きにマイナスになってしまうのではと他人事ながら心配してしまう。もうちょっと美味そうな写真を使えばいいのになあ。まあ外部調達の具を調理例写真に使ってはいけないローカルルールがあるのかもしれないが。カレー味なのに基調色が紫というのも、少なくとも日本人の意識にはそぐわないと思う。

続きを読む No.6279 Knorr (Nederland) Asia Noodles Caril

No.6277 Knorr (Nederland) Noodles Tentação de Galinha

No.6277はオランダのUnilever、Knorr Noodles Tentação de Galinha。ポルトガル市場向けの製品で、訳すとChicken Temptation、鶏の誘惑、とでも言うのかな。普通にただのチキン味でいいのに、このポルトガル市場向けクノール即席麺はいつも妙に凝った言い回しをする。そういうのが好きな国民性なのかも。

この製品、念のためデータベースを調べてみたら2013年10月のNo.5186で同じ製品名の記録があった。まあ5年経つしパッケージは結構違うからまあいいかと思ったが、EANコードの国籍項がポルトガルから今回はオランダに変わっていた。もしかして昔は自国生産だったのを、輸入に切り替えたのかもしれない。

続きを読む No.6277 Knorr (Nederland) Noodles Tentação de Galinha

No.6276 MAMA (Thailand) Instant Tom Yum Rice Noodles

No.6276はタイのThai President Foods、MAMA Instant Tom Yum Rice Noodles。タイ語の表記を見ると、トムヤム味の他にก๋วยเตี๋ยวเส้นเล็กกึ่ง(Kuai Tiao Sen Lek kung)という表記もあり、これが麺の種類を表している。

最初のクイティアオ(Kuai Tiao)は米粉の麺という意味で、小麦粉で作られる中華麺のバミーとは違うもの。次のセンレック(Sen Lek )は太さが数mm程度という意味で、その他に幅が1~2cmあるセンヤイ、ビーフンみたいに極細のセンミーがある。パッケージに描かれている白い縦縞が麺の幅を表しているようだ。

続きを読む No.6276 MAMA (Thailand) Instant Tom Yum Rice Noodles

No.6274 Maruchan Ramen (USA) Noodle Soup Lime Chili Shrimp Flavor

No.6274は米国のMaruchan Inc.、Maruchan Ramen  Noodle Soup Lime Chili Shrimp Flavor。パッケージ右上には「Habanero」の文字とイラストが添えられる。

全18種類あるMaruchan Ramenには「Shrimp」「Chili」「Lime Shrimp」味なんてのも用意されており、今回の製品はこれら三製品の全部入りともいえる内容になっている。遥か昔の2005年3月、No.3071に食べて以来なので、13年ぶりの試食となるなあ。さすがに13年も前にどんな味だったかなんて、すっかり忘れちゃったよ。

続きを読む No.6274 Maruchan Ramen (USA) Noodle Soup Lime Chili Shrimp Flavor

No.6273 Maggi (Spain) Fusian Yakisoba Curry

No.6273はスペインのNestlé España S.A.、Maggi Fusian Yakisoba Curry。No.6259で紹介したPollo(=Chicken)味の姉妹品であり、ウクライナで生産したものを輸入している。

このFusian Yakisoba、質量が120gと欧州で売られる即席麺としては例外的に大盛りだが、パッケージの右上に「x2 raciones」と書かれており、これは二人前という意味らしい。YouTubeで現地のTVCFをいろいろ見ると、確かにお椀程度の器に盛って二人が食べるシーンで終わるものが多い。一人当たり60gだと、それはそれでちょっと物足りないのではないかと思うのだ。 続きを読む No.6273 Maggi (Spain) Fusian Yakisoba Curry

No.6271 Nissin Foods (Germany) Demae Ramen Korean Kinchi Flavour

No.6271はドイツの日清食品、Demae Ramen Korean Kinchi Flavour。漢字で出前一丁、韓式泡菜麺と書かれている。出前一丁は日本よりもドイツ、ドイツよりも香港の方がたっくさんのバリエーションを持っているのだが、その香港でもキムチ味というのは長いこと持っておらず、最近他とは違う縦型のパッケージで新発売された。しかしドイツでは前々からキムチ味を持っていたようである。(←あくまで袋麺での話ね)

パッケージの右側に謎のハングル文字が。ちなみにドイツ日清の出前一丁で「Tokio Soja Sauce」味には同じ場所に平仮名で「おいしい」と書かれていることから推測して調べてみたらビンゴ!ハングルでおいしいという意味の「맛있어요」だった。

続きを読む No.6271 Nissin Foods (Germany) Demae Ramen Korean Kinchi Flavour

No.6270 Knorr (Nederland) Noodles Atração de Queijo


No.6270はオランダのUnilever、Knorr Noodles Atração de Queijo。ポルトガル市場向けで原産国は記載されていない、というかMade in EUということみたい。Atração de Queijoを訳すとCheese Attraction、チーズの魅力、みたいな意味かな。姉妹品No.6255のDelírio de Cogumelos(錯乱マッシュルーム)もそうだけど、何やら大層なネーミングだね。

Knorr Portugalの即席袋麺は全部で8種類。うち4種類はAsiaシリーズで、今回の品を含む残りの4種類が欧州の味とでもいえるシリーズのようだ。

続きを読む No.6270 Knorr (Nederland) Noodles Atração de Queijo

No.6268 Ajinomoto (Thailand) YumYum Jumbo Minced Pork Flavour


No.6268はタイの味の素、YumYum Jumbo Minced Pork Flavour。現地ではムーサブ味(รสหมูสับ、Moosub)と呼ばれるもの。タイの即席麺は競合他社を含めこのミンチドポーク味いう名の製品をみな持っているのだが、ただの豚肉ではなく挽肉にすることでスープの味が大きく変わるのだろうか?という疑問がある。(肉の具は付いていないという前提で)

ついちょっと前のNo.6262で同じYumYum Jumboシリーズを採り上げてパッケージに描かれている女性の顔の絵について触れたけど、今回の製品は顔が無い。シリーズ中顔有りの製品が6種に対して顔無し製品は4種。顔の有無の基準は一体何なんだ?

続きを読む No.6268 Ajinomoto (Thailand) YumYum Jumbo Minced Pork Flavour

No.6262 Ajinomoto (Thailand) YumYum Jumbo Yentafo Tom Yum Flavour


No.6262はタイの味の素、YumYum Jumbo Yentafo Tom Yum Flavour。タイ国内向けYumYum Jumboにはパッケージに女性の顔が描かれた製品が六種類あり、今回の試食で完全制覇を達成した!このシリーズを最初に入手したのは2011年初頭のことで、2009年までは趣の違うパッケージだったから、この間に始まったんだな。

YumYum Jumbo 顔シリーズコンプ、栄光の軌跡

今回のイエンタフォ味はタイ以外の国では普遍性に欠けるためか海外には全然出回っていないようで、4月のタイ遠征でようやく遭遇することが出来たもの。顔の表情は微笑みが愛らしいこのイエンタフォ味が一番魅力的に感じる。何故か頬にハートマークがついているし。

続きを読む No.6262 Ajinomoto (Thailand) YumYum Jumbo Yentafo Tom Yum Flavour