No.5994 藤原製麺 麻婆ラーメン 中辛

No.5994は藤原製麺、麻婆ラーメン 中辛。藤原製麺のラーメンなんぞ30年ぐらい前だったら北海道へ行った時のお土産記念品であり希少価値が高かったものだが、現在では関東圏のコンビニやスーパーでそこそこ見掛けるようになってきた。時代は変わったなあ。

値段が高いにもかかわらず広く受け入れられるようになったのは、製品の品質や企画の上手さ、営業努力などいろいろあろうが、この手のプレミアム即席麺としては結構早く(2007年頃?)から麺とスープの分離調理を止めて茹で汁でスープを溶く方式に切り替え、作る手間がサッポロ一番など普通の即席麺と同等になったことも大きいだろう。 続きを読む No.5994 藤原製麺 麻婆ラーメン 中辛

No.5993 キャメル珈琲(製造は菊水) KALDI くりいみい担担麺

No.5993は菊水が製造してキャメル珈琲が販売する、 KALDI くりいみい担担麺。KALDIはコーヒー豆や輸入食材を扱う店で、最近オリジナルの即席麺も手掛けるようになってきた。ちなみにスープの製造は菊水ではなくデリカという小樽の会社。

まあ菊水の寒干し麺だからハズレはないだろうけど、この製品の場合はスープにゆで汁を使わず別途熱湯で溶き、麺は湯切りせにゃならんのがちょっと手間だな。その分スープに小麦の溶出分が混ざらずクリアな印象にできるんだけど。 続きを読む No.5993 キャメル珈琲(製造は菊水) KALDI くりいみい担担麺

No.5992 ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 佐野らーめん

No.5992はヤマダイ、ニュータッチ 凄麺 佐野らーめん。改めて思い直してみると私は今まで意識して佐野市に足跡を残した記憶が一度も無い。なので佐野市のラーメン屋に入ったことも無い筈なのだが、店舗の「佐野ラーメン」を食べたことは何度かある。東北道のSAに寄った時にでも食べたのだろうか?

カップ麺での佐野ラーメンはヤマダイ以外にはあまり実施例が無いみたい(i-ramen.netのデータベースを検索して出てくるのは明星食品の故「佐野実」氏の名を冠するものばかり)。青竹を使って打った麺を再現するのが難しいからかな? 続きを読む No.5992 ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 佐野らーめん

No.5991 良品計画 MUJI 無印良品 バターチキンカレー味

No.5991は良品計画、MUJI 無印良品 カップラーメン バターチキンカレー味。無印良品はレトルトカレーの種類が豊富なので全種類制覇を目指しながらちょくちょく利用しており、その流れを受け継いだかどうかは知らないけれどカレー味のカップ麺を二種類用意している。

見た目はとことんシンプル。ふたに貼り付けられている調味油をはがすと何も印刷されておらず殆どのっぺらぼう。まあこれが無印良品流スタイルの演出なんだだろうけど、潔さを感じるね。 続きを読む No.5991 良品計画 MUJI 無印良品 バターチキンカレー味

No.5990 東洋水産 MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン

No.5990は東洋水産、MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン。3月27日に発売されたホヤホヤの新製品。i-ramen.netは慢性的に即席麺の過剰在庫を抱えているので新製品の紹介はいつも遅延気味、速報性に欠けるのがウチの弱点なのだが、今回この製品を店頭で手にした瞬間東洋水産の並々ならぬ意気込みを感じたので、試食スケジュールを組み替えて一刻も早くこの場で紹介することにした。

マルちゃんではなくMARUCHAN、新形状のカップ。この二点だけでも現状をなんとか変えなくちゃ、日清のカップヌードルに匹敵するブランドを築かなくちゃという危機感や覚悟が伝わってくる。 続きを読む No.5990 東洋水産 MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン

No.5989 まあるいテーブル フジテレビ社員食堂 しょうゆラーメン

No.5989はまあるいテーブル(販売者)、フジテレビ社員食堂 しょうゆラーメン。お台場のフジテレビを見学したお土産として頂いたもの。本当にこの製品を調理して社員食堂で出しているのかどうかは不明。

まあるいテーブルは福岡市にあるラーメンを主体として製造販売する会社。Webサイトを見る限りでは生麺や半生麺の製品が多く、今回の品のような乾麺の品揃えは少ない。袋の構造や食べた印象では北海道(旭川or江別)の会社っぽい雰囲気があるのだが、実際のところ何処で製造されたものかは不明。(なんだか不明な点が多いな) 続きを読む No.5989 まあるいテーブル フジテレビ社員食堂 しょうゆラーメン

No.5988 鳥志商店 博多中華そば味噌

No.5988は鳥志商店、博多中華そば味噌。ここ最近短期間で鳥志商店の製品を3点紹介したが、これは賞味期限間近のものが安く売られていたのに出くわしたからでありこれが最後。スケジュール調整をしきれずにちょっと賞味期限をオーバーしちゃったよ、ごめんなさい。

ところで復刻版(醤油、No.5979)、塩味(No.5984)、味噌(今回)を試食した後、作り方の説明が復刻版と塩味・味噌では少し違うことに気が付いた。見た感じも食べた感じも、栄養成分の詳しい数値からしても麺は全て同じものを使っていると思っていたのになあ。 続きを読む No.5988 鳥志商店 博多中華そば味噌

No.5987 まるか食品 ペヤングソースやきそば プラス納豆

No.5987はまるか食品、ペヤングソースやきそばプラス納豆。いろいろと話題になっている製品であるが、7&i系の専売製品でありローソンやファミマへ行っても置いていないのでご注意あれ。やきそば+納豆という組み合わせは初めて見るものだが、パスタ+納豆は珍しくないので、そんなにヘンなものじゃあないのかな?

とはいえ正式な製品名には「ソース」の三文字が入っているのがちょいと気になる。ソース+納豆かあ・・・パッケージの製品名表記には「ソース」とは書かれておらず、バックの藁納豆の絵を見たら醤油味を連想してしまうよ。 続きを読む No.5987 まるか食品 ペヤングソースやきそば プラス納豆

No.5986 日清食品 カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味

No.5986は日清食品、カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味。「じゃぱん♥ぬーどるずトリオ」のうちの一つで、浮世絵風のイラストが描かれている。遠からぬ関連性がありそうな鳥獣劇画風イラストが描かれるNo.5980どん兵衛カルボナーラうどんは別の企画シリーズ。まあパッケージの図柄に日本古来の伝統芸術風味を取り入れるのは面白いと思うし、どうせなら日清食品の製品を並べると日本の芸術史が俯瞰できるぐらいにもっといろいろやってほしいな。 続きを読む No.5986 日清食品 カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味

No.5985 西友 ◎みなさまのお墨付き 鶏白湯塩ラーメン

No.5985は西友、◎みなさまのお墨付き 鶏白湯塩ラーメン。No.5961大盛りキムチチゲの時と同様「数量限定」の文字を見た瞬間吸い込まれるように商品を買い物カゴへ入れてしまった。でもこの製品、調べてみると発売は2014年10月で、随分と前から売られていた様子。本当に数量限定なのかな?あるいは一旦終売したのを数量限定で復活発売したのかも。

みなさまのお墨付きブランドで縦型のカップラーメンは東洋水産系の酒悦房総工場が製造する。でも見た目の形がほぼ同じなのに和風麺の製造は日清食品というのが興味深いなあ。(そんな風に感じるのは俺だけか?) 続きを読む No.5985 西友 ◎みなさまのお墨付き 鶏白湯塩ラーメン

世界の即席麺探索と紹介動画